土曜日の注目馬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日の注目馬をピックアップ。

今週から阪神が開幕しますが、狙いはもちろん前残りです。

スポンサーリンク

阪神4R

このレースで前走逃げたのは2番と18番ですが、2番は前走が1800m・18番は前走がダートの1800mと今回も逃げられる可能性は低め。

今回のメンバーで前に行けそうな馬を探すと、本命は推定7番人気のプリンセステソーロです。

新馬を3角2番手追走から短縮で3角6番手で凡走→延長で3角4番手で好走→短縮で3角4番手で凡走。

前走はテンが33.8秒と速く、延長ローテとなる今回は前走よりさらに前に行ける可能性があります。

延長ローテもこなしていますし、開幕週で前が簡単に止まらなければ粘りこみに期待できます。

阪神9R

推定1番人気は勝って同条件のタイセイブレーク。ただし、追い込み脚質なので不安はあります。

狙いたいのは推定8番人気のテイエムイキオイ

前走は400mの延長で苦しいローテ。2走前は1200mを先行するスピードを見せましたが、先行馬が崩れる展開で見限れません。

500万下で連対したときも短縮ローテですし、今回は一変しても不思議はないでしょう。

先行するかは微妙ですが、鞍上は積極策を取りやすいタイプなので期待しています。

鳴尾記念

逃げるのは恐らくマルターズアポジーでしょう。

ただ、武豊騎手に乗り替わり、無難な逃げを打つのかどうかです。

もしかしたら、後続を大きく引き離す逃げを打つかも知れませんし、そうすると離れた2番手で実質逃げの形になるのがヤマカツライデン。

また、敢えて控えてみる可能性もありそうで、そうすると逃げるのはヤマカツライデン。

この妄想がハマれば、ヤマカツライデンにとっては前走より明らかに楽なレースになるはずです。

ということで、本命はヤマカツライデンです。

それ以上の推奨理由はありません。笑

東京3R

東京ダ2100mはキングマンボ系やロベルト系が優秀で、サンデー系ではスタミナのあるTサンデー系が高相性です。

狙いは推定6番人気のトキメキジュピター

父は期待の新種牡馬モンテロッソ、母父がTサンデー系のダンスインザダーク、さらに母母父はサドラーズウェルズと母系はスタミナ満点です。

モンテロッソ産駒は短縮を圧倒的に得意とし、前走は同コースに出走するも真逆の延長ローテで人気を下回る凡走。

今回は苦しい思いをした前走よりは楽に走れるはずで、前進しても不思議ありません。

モンテロッソ産駒の特徴を紹介しています。

ミスプロ系の特徴
大系統ミスプロ系 ミスタープロスペクターは、1970年代にアメリカで生まれ、競走成績はパッとしませんでしたが種牡馬として大成功。 今...

安田記念の傾向です。

【2018】安田記念の傾向
今週末に行われる安田記念の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 安田記念の傾向 内を通る馬...

安田記念はリピーターレースなのか?

【悲報!?】安田記念はリピーターレースではなかった?!
安田記念はリピーターレースである。 という話はよく聞くと思います。 印象的なのはやはり、二桁人気で2度好走したグランプリボスです...
スポンサーリンク

フォローする