土曜日の注目馬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日の注目レースと注目馬をピックアップ。

週中に降った雨で若干馬場が荒れていそうですが、馬券的には面白くなりそうなレースもあるので狙っていきましょう。

中山10R

中山ダ1200mは上級条件になると短縮の差しが決まりやすくなる条件。

このコースで行われるカペラSは、まさに短縮天国です。

雨が降って脚抜きが良くなっているなら、なおさら外差しが決まる可能性が高まる。

このレースで推定1.2番人気のタガノヴィッターヨンカーはともに内枠。

どちらも好走して不思議はないですが、バイアス的な不利を受ける可能性があるなら勝負したい。

本命は外枠の短縮差し馬、タイセイプレシャス

前走は不利な延長に加え、内・先行が有利だったレースで勝負にならず。

しまいの脚は確かで、展開さえハマれば上位争いは十分可能。

相手は外枠でビッシリ固めます。

11.13.14.15.16を全て抑えておきましょう。

なかでも相手筆頭は、再昇級ですが短縮の差し馬ワンダーサジェス

ルメールで無駄に人気しそうなのが複雑…

馬券は◎の単複・相手との馬連、ワンダーサジェスとのワイドで勝負。

阪神10R

推定1番人気のテラノヴァを嫌いたいレース。

テラノヴァはこれまで距離延長で7回出走し、うち5回で人気を裏切り凡走。

逆に短縮ローテでは6回全て好走しているという、明らかな短縮向きの馬です。

今回少頭数の延長ローテで我慢が利かずに凡走する可能性は十分。

本命は逃げに期待してリリーヴィクトリー

前走は短縮・多頭数内枠とマンハッタンカフェ産駒にはあまり向かない条件。

さらに、逃げた2走前(ダート)から前半3F1.5秒も速くなり逃げることができず。

今回は少頭数の延長となり、楽に前に行ける可能性は高いでしょう。

メンバー的にそれほど抜けた馬もおらず、展開の利を生かせればチャンスあり。

相手筆頭はブリラーレ

今のところ延長ローテを苦にしていないため、逆に短縮が向かない可能性も。

前走はその短縮でテラノヴァと差のない競馬。

苦手な短縮後の同距離ローテならテラノヴァは逆転できます。

…短縮が苦手ならですが。

他は5.9.11を抑えておきたい。

馬券は◎の単複・相手との馬連で勝負。

少頭数のワイドはあまり配当が付かないことが多く、効率があまり良くない気がします。

あ、馬連より枠連の方がオッズが高くなる可能性もあるので、注意しておきたいですね。

スポンサーリンク

フォローする