【2018】関屋記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる関屋記念の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

関屋記念の傾向

過去10年の結果を見ると外枠の成績が圧倒的ですが、人気馬が多く数字ほど有利かどうかは微妙なところです。先週は内が悪くなさそうだったので、土曜日の傾向を見ておくことも重要になるでしょう。

直線の長い新潟外回りですが、それ故ペースが落ち着きやすく前が止まらないケースも多いです。前走で上がり3位以内だった末脚自慢の成績が芳しくないことから、直線が長くなって届くと思われて過剰人気になる可能性がありそうですね。

サンデー系ではスピード型のPサンデー系より、スタミナ型のTサンデー系が優勢。スタミナが必要ですが、欧州型ではスピード不足で足りない馬が多く、スピード・スタミナのバランスが求められそうです。

馬券になっているほとんどの馬は、前走で5番人気以内に支持されている=実績・好調馬です。

前走10番人気以下で馬券になったのは過去10年で2頭のみ、その2頭の前走はG1だったことからも、理解不能な大激走が起こる可能性は低いレースだと言えるかも知れません。

また、前走5番人気以内で今回が同距離ローテの場合、前走で凡走している馬の巻き返しが目立ちます。

前走好走して馬券になったのは、前走が準OPだったり2走前には違う距離だった馬で、OP以上のマイルを連続して走っている馬はリスクが上がる可能性があります。距離変更で臨む馬は前走好走していても問題なさそうです。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・リライアブルエース

血統 ディープ系×ヌレイエフ系

前走 中京記念 4番人気3着

いつ重賞を勝ってもおかしくはない馬でしょう。

前走マイルで好走しているとは言え、2走前は別距離、3走前は準OPとまだフレッシュな状態なので大崩れの心配はなさそう。

とはいえ、後方一気が届きにくいレースなので取りこぼしは十分に考えられます。

・プリモシーン

血統 ディープ系×ダンチヒ系

前走 NHKマイルC 5番人気5着

スタートが悪く、人気では信頼しづらいタイプですね。

桜花賞は進路がなく度外視出来るし、前走も素質の片鱗は見せていることから、ここでも通用して不思議はありませんが、プラス材料と言われると…とくにないですかね。

・フロンティア

血統 Pサンデー系×グレイソヴリン系

前走 中京記念 7番人気4着

前走は馬場の良いところを走れたし、それでリライアブルエースに差されたのは現状力の差でしょうか。

新潟2歳Sのように、前付けして粘りこむ形に持っていく方が良さそうな気がしますが…果たして。

・エイシンティンクル

血統 ディープ系×ストームバード系

前走 準OP 4番人気1着

前走は逃げずに結果を残しましたが、馬場が渋ったことが良かったのかも知れません。

推し材料も消し材料も何ともな1頭ですが、人気がないなら抑えておきたいところです。

・ウインガニオン

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 中京記念 2番人気8着

昨年は3連勝で臨んでの2着。

今年は昨年より強い相手と走っているとは言え、成績だけ見ると手が出しづらいですね。ただ、G1でもそこそこ走っているので、力が衰えているとは思いません。

前走もなぜか同僚のマイネルと絡んでハイペースになりましたが、前が残りやすい今回は巻き返せるチャンスだと思います。

凡走すればすぐに人気落ちするタイプなのも、馬券を買う側としては面白い存在です。

・ワントゥワン

血統 ディープ系×ノーザンダンサー系

前走 中京記念 3番人気5着

末脚は確かなものがありますが、結局は展開に左右されるので狙いづらい1頭です。

人気がなければ展開がハマるのに賭けるのも良いと思いますが、それなりに人気しそうですね。

・スターオブペルシャ

血統 Pサンデー系×ボールドルーラー系

前走 パラダイスS 1番人気9着

前走の敗因はよく分かりませんが、考えられるとしたら外々を回って走る気をなくした…ということでしょうか。

これまで内枠で好成績を収めることが多く、外目の枠に入ったときはイマイチな結果になっています。

となると、今回も内枠にさえ入れば重賞でもいきなり通用するかも知れません。

・ロードクエスト

血統 Lサンデー系×ダンチヒ系

前走 パラダイスS 3番人気2着

前走は初めて先行する競馬。展開が向いたとはいえ、そこで結果を残せたのは今後の幅が広がるので大きいですね。

能力は重賞級なので、脚質に幅が出た今回は昨年以上の結果にも期待出来る気がします。

・ショウナンアンセム

血統 グレイソヴリン系×ヴァイスリージェント系

前走 パラダイスS 2番人気1着

勢いは一番。

ただ、ここ2走は逃げて結果を残してきたことから、今回逃げられなかった時に走る気が起こるかどうか。

さすがにこれまでより厳しい流れになるでしょうから、それに対応出来るかどうかがポイントになりそうです。

・チェッキーノ

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 米子S 2番人気7着

状態が全てでしょうね。

現実的には厳しいと思いますし、調教などを分析出来ない私には買えない1頭となりそうです。

総評

超大穴は出にくいですが、中穴が頻繁に好走するレースです。今年も面白そうな馬がいますので、何とか的中に繋げたいですね。

スポンサーリンク

フォローする