【2017】紫苑ステークス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる紫苑ステークスの傾向と展望です。

紫苑ステークスの傾向

紫苑ステークスは昨年から重賞に格上げされました。

それによってこれまで以上にメンバーが揃うようになり、OP戦だった頃とは傾向が変わっていく可能性が高いです。

今回は、昨年の傾向を簡単に分析してみようと思います。

まず、血統的にはディープ産駒のワンツー。3着もオークスで6着と好走したフロンテアクイーンが入り、実力馬が走ったことになります。

中山競馬場はエアレーションの効果によって開幕週から差しが決まりやすくなっているので、決め手のある馬が有利になるでしょう。

また、秋華賞のトライアルとなるので権利を持っていない馬はここで勝負を賭けて来る可能性が高く、賞金的に余裕のある馬の取りこぼしは十分考えられます。

それでも世代上位の力があれば馬券内には絡んでくる可能性は高いと思われます。

紫苑ステークスの展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はディアドラ

父ダンチヒ系×母父Tサンデー系で、前走は1000万条件戦を勝利。オークスでも4着の実績があります。

賞金的には微妙なラインでしょうか。桜花賞6着・オークス4着と、今年は上位馬がかなり抜けている印象がありますが、それに次ぐポジションにいる馬です。

前走ではこれまでと一転、好位からの競馬で勝利しており、ここでも好走する可能性は十分あると思えます。

評価:B

2番人気はホウオウパフューム

父Tサンデー系×母父キングマンボ系で、前走はオークスで16着と惨敗。

2走前のフローラステークスでは1番人気に推される素質馬ですが、どうも人気先行の気がします。

賞金的にはここで権利を取らないと厳しいでしょうから仕上げて来ると思いますが、脚質的にも不安は大きい。人気なら嫌っておきたいタイプです。

評価:C-

3番人気はルヴォワール

父Tサンデー系×母父ニジンスキー系で、前走は500万条件戦を勝利。2戦2勝で底を見せていない不気味さはあります。

戦ってきた相手は特に強いわけでもないので、久々のレースでキャリア3戦目の馬が人気ではリスクが勝ります。

ここで好走するようならこれからが非常に楽しみになりそうです。

評価:C

4番人気はライジングリーズン

父Lサンデー系×母父キングマンボ系で、前走はラジオNIKKEI賞で11着。桜花賞は8着でした。

アネモネステークスではディアドラを上回る豪脚で勝利。賞金的には十分なので目標は当然次になります。

ハマれば頭まで突き抜ける可能性はありますが、無難に外々を回して届かずというシーンも十分に想定出来ます。

評価:C

5番人気はサロニカ

父ディープインパクト×母父ニジンスキー系で、前走はエルフィンステークスを勝利。

成績だけ見ればキレイなものですが、相手がそれほど強くなかったことからどこまでの器かを図るのは難しいですね。

小柄な馬で長期休養明け、そこそこの人気ならあまり妙味は感じません。

評価:C-

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

と思いましたが、今年はかなり小粒なメンバー構成。強いて挙げるならオークスで好位からソコソコの競馬をしたブラックオニキスでしょうか。現時点ではあまり買いたいと思えないレースになりそう。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする