【2018】紫苑ステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる紫苑ステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

紫苑ステークスの傾向

重賞となってから今年で3回目です。

一昨年はオークス組が1.3着に、前走500万下を圧勝した馬が2着。

昨年は古馬混合1000万下条件組が1.2.3着、オークス再先着(7着)だった馬が13番人気4着。

中心はオークス好走組or古馬混合条件戦(1000万下以上がベター?)で、オークス凡走馬でも負けすぎていなければ注目しておきたいですね。

2年続けて8枠が勝利を挙げているように、開幕でもエアレーションによって前・内有利とはならないのが近年の中山の傾向と言えるでしょう。

秋華賞へ向けて、賞金が足りている馬は叩き台とする可能性は高いですから、賞金が足りない馬の方が本気度は高く、狙い目となるのではないでしょうか。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・マウレア

血統 ディープ系×ストームバード系

前走 オークス 6番人気5着

オークス再先着馬です。

トップクラスには一歩及びませんが、休み明けも問題なさそうなので堅実に走ってきそう。賞金は足りるはずですから、勝ち切るまでの信頼は出来なさそうです。

・ノームコア

血統 ダンチヒ系×ヴァイスリージェント系

前走 フローラS 5番人気3着

前走は不利な大外枠からの発走でしたが、揉まれたくないハービンジャー産駒にとっては逆に良かったのかも知れません。

賞金は加算したいはずなので仕上げては来るでしょうが、ハービンジャー産駒のコース成績はそこまで良いわけでもなく、人気を考えるとあまり手は出したくない1頭です。

・パイオニアバイオ

血統 キングマンボ系×Tサンデー系

前走 オークス 9番人気7着

前で粘りこみたい馬が、前走はスタートで行き脚が付かず後方から。

ルーラーシップ産駒のコース成績は悪くないので、今回もそれなりに結果を出してきそうな気はします。

・フィニフティ

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 桜花賞 5番人気12着

桜花賞では全く伸びが見られず大敗。

母方がダート向きで、伸びしろはあまり感じられないかも。休みを挟んでどれだけ成長しているかがポイントでしょう。

人気なら買いたくはないですね。

・レッドベルローズ

血統 ディープ系×ミスプロ系

前走 フローラS 4番人気7着

前走は直線で伸びずに案外な結果でした。悪くはないと思いますが、現状ではやや人気先行かなという印象なので、人気との兼ね合いになりそうです。

・クイーングラス

血統 キングマンボ系×Pサンデー系

前走 500万下 1番人気2着

前走はドスローから直線で前にいた3頭がそのまま1.2.3着。古馬混合とは言え、500万下なら勝ち切るくらいのパフォーマンスは見せて欲しかったところです。

・オハナ

血統 ディープ系×キングマンボ系

前走 オークス 15番人気17着

春の時点では重賞だと力不足でした。馬格がない馬で、どれだけ成長しているかがポイントですが、あまり買いたいと思う要素はありません。

・ランドネ

血統 ロベルト系×エーピーインディ系

前走 オークス 10番人気11着

血統的にも切れ味は皆無でしょうし、改修後の中山では少し厳しいのでは。

雨が降って馬場が重くなれば出番はあるかも知れません。

・サラス

血統 Tサンデー系×エーピーインディ系

前走 1000万下 3番人気2着

注目の1000万下組ですが、脚質が気になります。ステイゴールドの血を引くため、格上げ・内枠などの条件がハマれば激走もあり得るでしょう。

・カレンシリエージョ

血統 ダンチヒ系×ミスプロ系

前走 500万下 4番人気1着

休み明けの前走が大幅に体重を増やしての快勝。

展開・時計的には特筆するものはないですが、パワーアップした分を考慮するとここでも上積みに期待したいところ。中~外枠が良さそうです。

総評

今年は条件戦組がやや小粒な印象で、実績馬がそれなりに走りそうな気がします。本番へ向けて叩き台とするのか、権利取りに仕上げてくるのかを読むことが重要になりそうですね。

京成杯AHの傾向です。

【2018】京成杯オータムハンデの傾向
今週末に行われる京成杯オータムハンデの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 京成杯オータムハ...
スポンサーリンク

フォローする