予想が全く当たらない不調期が来たら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競馬をしていると、誰しもぶち当たる壁。

それが、予想が全く当たらなくなるスランプだと思います。

同じような視点で予想しているにも関わらず、なぜか当たらない…

今回は、その原因と対策を考えていこうと思います。

そもそも馬券は当たらないもの

みなさんは自分の本命馬が馬券になる確率(複勝率)を把握しているでしょうか?

人気馬を中心に買う人であれば、当然本命馬の好走率は高いでしょう。

穴狙いなら好走率は低くなる。これは競馬の真理でもあります。

的中率と回収率の関係性
競馬で馬券を購入する以上、当然ですが当てたいと思いますよね。 そもそも、競馬で勝つためには馬券が当たらなければ不可能です。 しか...

私の本命馬の好走率はおよそ20~25%程度です。

つまり4.5回に1回しか当たりません。

最も好走率が高い1番人気でも、年間を通して見ると複勝率が約60%。

つまり、1番人気を買っても3回に1回は外れるものです。

競馬の各レースは独立事象なので、必ず〇回に1回当たるというものではありません。

60%が2回続けて外れる確率は、0.6×0.6=0.36で36%となります。

3回連続となると、0.36×0.6=0.21で21%、4連続なら12%です。

2017年1月~8月1週終了時点で、1番人気が連続して馬券外に飛んだのは最高7連続。

7連続で馬券にならなかったケースが2回ありました。

1番人気ばかり買っている人にとっては、悲惨な時期だったでしょうね。

ちなみに、2連続で馬券にならなかったケースは既に110回、3連続で馬券にならなかったケースは39回発生しています。

このように、馬券は人気馬を買っていたところで簡単に外れるものだということです。

それが1番人気以外であれば尚更、ということですね。

馬券はトータルで考える

馬券は簡単に当たらないもの。

あなたの予想が当たらないのも、当然のことなんです。

問題は、それがスランプなのか、単に予想の実力が無いだけなのかです。

元々の予想力に欠ける人であれば、そもそもスランプではありません。

その場合は、根本的な予想力から見直す必要があるわけです。

解決。

一方、年間で控除率以上の成績を残せるレベルの人は、スランプと言ってもいいと思います。

その場合、確率の問題から来る一時的な偏りである可能性もあるので、自分のスタンスを崩さなければ、そのうち成績が向上する可能性も高いでしょう。

つまり、馬券が当たらないからどうするべきか考えるのは、数ヶ月~数年単位の長期的な成績を知る必要があり、自身の予想を記録しておくことが前提になります。

それが分からなければスランプなのか実力なのかの判断ができず、対策も立てられません。

わたし、今スランプです

この記事を書いている今、まさに私の予想がきれいさっぱり当たらない時期であります。

元々人気薄を狙うスタイルですから、それはそれは当たらない時は見事に連敗します。

今年の本命馬の月別成績です。

1月・7月・8月の複勝率が頭一つ悪く(誰が頭悪いねん)、4月も回収率は100%を超えたものの、若干複勝率が低いです。

1月は今年最大の17連敗(17連続4着以下)を喰らい、7月は9連敗+月末から11連敗(現在進行形)、4月は10連敗という不調期がありました。

それでもここまでのトータルを均せば、複勝回収率110%でプラス域にいます。

全レースで本命馬の複勝を1万円買っていれば、約20万以上の利益が出せている計算です。

実際には、3月まで三連複をメインに購入し、相手選びに失敗し続けたため、思うような収支になっていませんが…

ただ、本命馬が好走しないことに関しては、これまで何度もあったことです。

そのうち当たる時期が来るだろうと思っているので、それほどききき、気にしてはいません。

個人的に少しだけ気にしているのは、最近予想のファクターに今までと違う要素を取り入れたことです。

それによって、本命馬を選ぶ基準が若干変わっているとなると、今後の成績が悪化していく可能性もあるかなぁと感じています。

スランプ…じゃなかったら?

スランプではなく、そもそも競馬で勝てない人はどうすれば良いでしょうか。

その場合は、とにかく勉強するしかありません。

本命馬の選定方法・購入する馬券の種類など、自分に合った方法を探すことが重要です。

参考にするものは、馬券で結果を残している人の考え方が基本になります。

しかし、結果を残している人は基本的に使う金額が多めになりがちです。

競馬はその方が勝ちやすい仕組みになっていますからね。

まずは本命馬の成績(回収率)が、標準の80%を超えるようにならなくては厳しいです。

まぁ私は競馬で確実に勝てる側に入れるとは考えていませんから、一つの考え方として頭の片隅に置いといてもらえればいいかなと思います。

穴馬を見付ける判断材料
残酷ですが、競馬では本命党は勝てません。 勝てないとは言い切れませんが、少なくとも大きく勝つことは難しいでしょう。 競馬...

買い方はどうする?

スランプになると、馬券が当たりません。

そうすると、資金もあっという間に無くなっていきます。

しかし、競馬は基本的に当たらないもの。

そもそもが、連敗しても大丈夫なように資金配分して馬券を購入しておく必要があります。

スランプを考慮しておけば、とくにこれまでと同様の組み立てでも問題ないのではないでしょうか。

資金に応じて掛け金を減らすなどは臨機応変にすれば良いでしょう。

馬券裁判で有名な卍氏は、資金の○%を購入するという方法で、軍資金が減れば投資する金額も減るように調整していたようです。

その方が、軍資金が無くなる可能性は下がり、長く競馬を楽しめるでしょうね。

馬券裁判男に学ぶ、馬券で勝てる現実的な金額とは
馬券で1億稼いだ男・卍氏をご存知ですか? 以前、税金に関する問題で裁判沙汰になったことで話題になりました。 みなさんも馬券で勝ち...

問題は、想定を超えるスランプに陥った場合です。

私の場合、今年の3月末時点で想定以上に三連複が的中せず、資金的にこのままではまずいと思うラインまでいきました。

本命馬は走っているのですが、相手選びのスランプに陥ってたわけですね。

今回の主題とは少し違いますが、本命馬は走っていたのでこの時は馬券のメインを三連複からワイドへ変更することで対処しました。

ワイドにすることで、本命馬が走ればほぼリターンが得られるようになります。

結果的に、その後も本命馬は順調に走ってくれたおかげで、3月までの負債は取り返すこともできました。

結論

スランプは気にするな!!

外れることが基本の競馬では、多少当たらない時期でいちいち騒いでいてはキリがないです。

自分の予想にそれなりに自信があるなら、そのうち当たるようになります。

予想力がない人の場合は、根本的に勉強しなおす必要があります。

予想は悪くないんだけどなぁ…という人は、本命馬が好走したときに確実にリターンを得られるような買い方に変えてみることも一つの手です。

やはり、ある程度の資金がないと落ち着いて予想できませんからね。

間違っても、一発逆転を狙いにいくのはやめましょう。

競馬は今日だけではなく、来週・来月・来年、再来年と続いていくのです。

長く競馬を続けられることが、何よりも重要ではないでしょうか。

短期的思考と長期的思考。

ギャンブルは短期的ではなく、長期的思考で考える
世の中にはあるギャンブルで、勝てる人と負ける人の違いはどこにあるのでしょうか? 知識や技術はもちろんですが、それ以前に、勝つ人と負ける...

危険な人気馬の判断材料を紹介。

危険な人気馬の判断材料
競馬で儲けるためには、人気薄を見付けると同じくらい、危険な人気馬を見極めることが重要です。 人気馬のプラス要素なんか新聞を見るだけで素...

競馬力向上のために役立つ書籍紹介。

おススメ競馬書籍
ここでは私がおススメする競馬に関する書籍を紹介します。 良書であることは間違いないですが、本の内容をそのまま真似て勝てるほど競馬は簡単...
スポンサーリンク

フォローする