【2018】スプリンターズステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるスプリンターズステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

スプリンターズSの傾向

芝改修後に行われた過去3回のレースで、5番人気以下で馬券になった馬は全て3枠より内の馬ということで、基本的には内が有利と考えられます。

また、5番人気以下で馬券になった馬の特徴として、短縮ローテもしくは1400m以上の実績アリという点が挙げられます。

1200m戦でも父サンデー系が走りやすいレースで、スプリントの名血サクラバクシンオー産駒は苦戦気味。16年のビッグアーサーは、不利がなければどうなっていたかを見てみたかったですけどね。

今年の中山芝1200m(上級条件のみ)を見ても、父Pサンデー系・ミスプロ系・フォーティナイナー系が優秀な成績を収めており、狙いどころになりそうです。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・ファインニードル

血統 フォーティナイナー系×ネヴァーベンド系

前走 セントウルS 1番人気1着

昨年は上がり馬として使われながら前哨戦を快勝し、本番では見せ場なしの凡走。

今年は昨年ほどの疲労はなく、粗を探すのが少し難しいですね。強いて言えば、1400m以上の実績がないところでしょうか。

極端な内か外枠に入れば、展開のアヤでリスクが高くなるので枠順に注目です。

・ナックビーナス

血統 Pサンデー系×ヘイロー系

前走 キーンランドC 1番人気1着

血統面では問題なし、鞍上も強力。

しかし、前走気分よく逃げたことで、今回は前走より展開が厳しく感じられる確率が高いこと、1400m以上の実績もそれほどない点は不安です。

モレイラ人気になるようなら、思い切って嫌ってみたいところですね。

・レッツゴードンキ

血統 キングマンボ系×Lサンデー系

前走 キーンランドC 2番人気5着

前走は前・内有利な馬場で4角から外へ出すロスもあり、直線では伸びきれず。力負けとは思えない一戦ですが、これまでの走りからするとやや物足りない印象でした。

それでも戦績が示す通り、スプリント戦線では上位の存在であるのは間違いなく、内を突ければ上位に来る可能性も十分。ただ、人気となると内のリスクも高くなるので、何とも微妙な位置づけとなりそう。

・レッドファルクス

血統 フォーティナイナー系×サンデーサイレンス

前走 安田記念 8番人気9着

当レース3連覇がかかる今回、鞍上が乗り替わるのは非常に痛いところです。戸崎騎手は無難な乗り方しかしない印象なので、以前ほどの勢いがない現状では少し厳しい印象ですね。

・アレスバローズ

血統 ディープ系×グレイソヴリン系

前走 北九州記念 6番人気1着

ディープ×トニービンがスプリントG1を勝つイメージは全く湧きませんが、重賞2連勝は適性と力がないと出来ない芸当です。

が、ここ2走はともにスムーズに走れた結果とも言えますし、重賞連勝の疲労も心配。ここで大外をぶん回して勝てるほどとは思えませんし、今回は厳しいレースになるんじゃないでしょうか。

・ムーンクエイク

血統 フォーティナイナー系×ミスプロ系

前走 キーンランドC 3番人気9着

前走は短縮で位置取りが悪くなるリスクがあると危惧した通り、行き脚が付かずに後方からとなり惨敗。直線でも際立った走りではなかったのは物足りませんが、一応上がりは最速をマークしています。

1400m以上の実績は十分で、一叩きしたことで今回すんなり先行出来れば面白い存在になりそうな気がします。内枠に入ればさらにチャンス。

・ラブカンプー

血統 プリンスリーギフト系×ミスプロ系

前走 セントウルS 2番人気2着

ここ2戦は厳しい流れを前から粘りこむ強い競馬をしていますが、血統的にもここは厳しくなりそう。ずっと使われているので疲労もあるでしょうし、静観する方向です。

・セイウンコウセイ

血統 フォーティナイナー系×ボールドルーラー系

前走 函館スプリントS 3番人気1着

スプリントG1馬が前走で久々の勝利。着順はイマイチでも差のない競馬が続いていたように、やはり力のある馬です。

前走逃げて好走しているので、今回へ向けての上積みはイマイチなさそうですが、人気がないなら能力的にも侮れない存在です。

・ラッキーバブルズ

血統 ヘイロー系×ミスプロ系

前走 香港G3 3着

外国馬は全く分かりませんが、ビッグアーサーやレッドファルクスが出走した2年前の香港Sでは2着に好走している実力馬ですね。

近走は以前ほど勢いがないですが、前走で久々の1400mを使ったことが刺激になれば、ここで激走があっても驚けません。

・ダイメイプリンセス

血統 リファール系×Tサンデー系

前走 北九州記念 4番人気2着

アレスバローズと同様、この夏の上がり馬です。前走は通った位置の差が大きく、着差ほどの力差はないでしょう。

キングヘイロー産駒がこのコースに良績がないのは気になりますし、買い材料があまり見当たりません。

総評

実力伯仲のメンバーで、ファインニードルが頭一つリードしているくらいの混戦模様。

人気で決まれば仕方ないと割り切って、枠や展開に恵まれそうな馬を探し出したいですね。

スポンサーリンク

フォローする