【2018】ステイヤーズステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるステイヤーズステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

ステイヤーズステークスの傾向

JRA重賞で最長の距離、コーナーを何度も回るため、外々を回らされると厳しくなるでしょう。とはいえ、距離がある分どこかで内に入れる可能性も高いので、そこまで気にする必要はないかも知れません。

同じ馬が3度も4度も馬券になる超特殊条件ですから、好走歴のある馬は抑えておきたいところ。初めて出走する馬の中から、適性が高い馬を見付けるのが楽しみになりそうですね。

スタミナは母父からと言われる(?)ように、過去10年で馬券になった馬の母父がこちら。

この中でスタミナ血統ではないのはトウショウボーイのみです。

その馬の父はラムタラで、日本ではスピードが全く足りずに成功できなかったように、トウショウボーイとの配合でようやくマラソンレースで好走できたということでしょう。

好走馬の多くは母父欧州型ナスルーラ系・ノーザンダンサー系・ロベルト系。ただし、父がこれらの系統では好走馬は少なく、スタミナだけ求められるわけではないのかも知れません。

ローテーション的に注目したいのは、前走条件戦を走っている馬は負けている馬の方が成績が良いこと。大敗しているようでは実力的に疑問ですが、スタミナがあるが故に条件戦ではスピード不足で負けているような馬は期待できそうです。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・アルバート

血統 ミスプロ系×Tサンデー系

前走 アルゼンチン共和国杯 7番人気10着

このレース絶賛3連覇中。適性は疑いようがなく、消すのは無謀ですが人気で飛べばラッキーという扱いで良いでしょう。

・アドマイヤエイカン

血統 Tサンデー系×ヴァイスリージェント系

前走 1600万下 1番人気1着

父はサンデー系のなかでも屈指のスタミナを持つハーツクライ。母系がやや軽めなのが気になるところで、能力はありそうですが妙味はなさそうです。

・リッジマン

血統 フォーティナイナー系×ニジンスキー系

前走 丹頂S 5番人気1着

父はスピード血統ですが、母系がゴリゴリのスタミナ血統で、母系が強く出ている馬です。ダイヤモンドSでも好走しているように、スタミナは十分。

人気を考えると妙味はないですが、相手候補としては抑えておきたい。

・モンドインテロ

血統 ディープ系×ロベルト系

前走 京都大賞典 9番人気9着

過去にこのレースで3着の実績はありますが、アルバートには完敗。往年の力はなく、人気が全くないなら抑えておきたい程度でしょうか。

・ヴォージュ

血統 Lサンデー系×ロベルト系

前走 アルゼンチン共和国杯 10番人気7着

中山巧者の父に、母父ロベルト系。血統的には面白そうな1頭ですね。

・アルター

血統 Dサンデー系×ヴァイスリージェント系

前走 丹頂S 12番人気6着

血統的も戦績的にも狙いどころが見当たりません。

・ララエクラテール

血統 Tサンデー系×ボールドルーラー系

前走 1600万下 5番人気5着

母父は米国型のスピードタイプですが、母母はストックウェル×欧州型ナスルーラとコテコテのスタミナ血統。

条件戦でも足りていないのは、能力の問題ではなくスタミナがありすぎてスピードが足りないということなら、ここでアッと言わせる激走があっても。

・コウキチョウサン

血統 Tサンデー系×ロベルト系

前走 1600万下 5番人気6着

母系がロベルト×ネヴァーベンドのスタミナ血統。

目黒記念で0.5秒差にもかかわらず、相手弱化の準OPで1.1秒差の敗戦と、スタミナに特化したタイプである可能性が高そうで、こちらも面白そうな1頭です。

・メドウラーク

血統 ロベルト系×ヴァイスリージェント系

前走 福島記念 10番人気12着

母系が軽めで、ここでは厳しいでしょう。

・マイネルミラノ

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 福島記念 15番人気10着

血統的には悪くはなさそうですが、さすがに走る気力がなくなっているのでは…

総評

過去にはトウカイトリックが11歳で馬券になった特殊レース。アルバートも力は衰えているはずですが、圧倒的な適性で4連覇なるか。

下位人気候補の初出走組にも面白そうな馬がいますし、馬券的には楽しみがありそうです。

スポンサーリンク

フォローする