サンデーサイレンス系の特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンデーサイレンス系の特徴

大系統サンデーサイレンス系

サンデーサイレンスは1988年に米国でデビューし、翌年にはアメリカ三冠レースのうち、ケンタッキーダービー・プリークネスステークスを制した名馬。その後もブリーダーズカップを制するなど、一流の競走成績を残しますが、気性の激しさや血統背景から、種牡馬としてはさほど期待されませんでした。

そんななか社台グループの創業者である吉田善哉は、サンデーサイレンスは日本で成功すると確信し、種牡馬として購入。結果はご存知の通り、日本競馬はサンデーの時代となりました。

サンデーサイレンス産駒の多くが種牡馬となったので、特徴が似た5つのグループに分けています。

瞬発力が最大の武器になるディープインパクトをディープ系、現役時代に中長距離G1で一流の成績を残したスタミナ豊富なTサンデー系、短距離を中心に活躍したスピード型のPサンデー系、芝よりもダートに適性があるDサンデー系、これらに当てはまらない残りをLサンデー系とします。

最近はディープ産駒の種牡馬も増えてきましたが、個人的にはディープ系には含めずに分類しています。

ディープ系

サンデーサイレンス最大の武器である瞬発力、それを最も引き継いだ後継種牡馬がディープインパクトです。

ディープ産駒は1600m~2400mを最も得意とし、1200mや3000mを超えるレースでは成績は若干下がり、産駒数が多いために一流馬も多ければ条件戦でくすぶっている馬も多くなりますね。

ディープ産駒というだけで人気になりやすいので、条件戦での回収率は標準を下回ります。つまり、馬券的には儲からないのです。

期間:2016~2017年

ディープ産駒は穴馬を狙うより、人気馬を消すタイミングを覚えることで馬券に活かすのが有効ですね。

A級ディープとB級ディープ

ディープ産駒のなかでも、非凡な瞬発力を備え、G1などの大舞台で活躍するのがA級ディープ。母系の血が重く、切れないタイプをB級ディープとして分類できます。

ただし、B級ディープは弱いということではなく、A級ディープに比べて瞬発力が劣るというだけで、能力そのものは高い馬も多いです。そして、B級ディープはA級ディープが苦手な条件でパフォーマンスを上げます。

B級でもサンデーの血を持たない馬に比べると、瞬発力を含めて能力も優れている可能性も高く、重賞クラスならあらゆる条件で活躍馬が出ています。

ディープ産駒の弱点としては、スプリント戦やダート戦では求めらる適性が違いすぎるので、現状では活躍馬はあまりいないことでしょうか。

牡馬と牝馬

クラシックで活躍するディープ産駒の牡馬は、古馬になるとG1を勝てなくなる傾向にあります。

若いときはバネが利いて持ち前の瞬発力が活きますが、古馬になると筋肉が硬くなって瞬発力が活かせなくなる…というのが一般的に言われる原因です。ただ、もともと瞬発力よりも持続力や馬力で勝負するタイプは古馬になっても活躍するため、一概に走らなくなるとは言えません。

最近ではキズナやマカヒキ、サトノダイヤモンドなどが古馬になって凡走が多くなっている例ですね(海外遠征などの要因もあると思われますが)。一方、アルアインやミッキーアイルなどは瞬発力が武器ではないタイプなので、古馬になってもG1を勝っています。

また、牝馬は古馬になっても活躍することも多く、ディープ産駒で最も獲得賞金の多いジェンティルドンナや牡馬相手にJCを勝つショウナンパンドラなど、古馬の中長距離G1は牝馬のほうが勝ち星が多いのも特徴です。

フレッシュな状態で本領発揮

ディープ産駒は基本的に使い詰めは良くないので、間隔を空けてレースに臨むと高いパフォーマンスを発揮します。

条件戦から連勝して重賞に出走してきたときも、勢いそのままに好走する確率が高く、重賞初挑戦のディープ産駒(とくに連勝中)は要注意。逆に、近走でパッとしないのに過去の実績で人気しても、凡走することが多いので信用できません。

Tサンデー系

Tサンデー系は現役時代に中長距離G1を勝った一流馬で、スタミナに優れています。

Tサンデー系の種牡馬

  • オルフェーブル
  • ゴールドシップ
  • ステイゴールド
  • スペシャルウィーク
  • ゼンノロブロイ
  • ダンスインザダーク
  • ハーツクライ
  • マンハッタンカフェ
  • ヴィクトワールピサ

タイプとしてはディープ系と似ていますが、スタミナやパワーが勝りスピードや瞬発力は劣るというイメージですね。そのため、ディープ系以上にダートで走る馬も多くいます。

Tサンデー系でも短距離を走ることがありますが、本質的にはスプリンターではないですから、G1レベルになるとスペシャリストには敵いません。

潜在的なスタミナが豊富なので、ペースが速くなって各馬がバテる展開になると激走することも。短距離を走るのは母系がスピードタイプであることが多いので、母父・母母父も参考になります。

Tサンデー系のなかでも、ステイゴールドはオルフェーブル・ゴールドシップ・ドリームジャーニー・ナカヤマフェスタなどのG1馬を輩出し、大舞台での強さが際立っています。反面、人気で脆いことも多いです。

ステイゴールドはすでに亡くなりましたが、今後はオルフェーブルやゴールドシップあたりが大舞台に強い産駒を出す可能性は十分にありそう。大物かポンコツか、ステイゴールド一族らしさを継承してくれるのではないでしょうか。

Pサンデー系

Pサンデー系は現役時代に短距離で活躍したタイプで、スピードを武器に産駒も短距離で活躍しています。

Pサンデー系の種牡馬

  • アグネスタキオン
  • アドマイヤマックス
  • オレハマッテルゼ
  • キンシャサノキセキ
  • サクラプレジデント
  • ジャスタウェイ
  • スズカフェニックス
  • ダイワメジャー
  • ダノンシャンティ
  • デュランダル
  • フジキセキ
  • マツリダゴッホ
  • リアルインパクト

ディープ系が苦手な芝1400m以下も得意で、ダイワメジャー・フジキセキ・キンシャサノキセキ産駒はダートもこなせるタイプが多く、母系がスタミナ豊富な欧州血統の場合、長距離をこなすことも。

ダイワメジャー産駒は短距離馬というイメージは一般的に周知されているので、長距離では人気になりづらく、馬券的には狙い目になるケースも多々あります。

リアルインパクト産駒はデビューしたばかりですが、1400mや1800mの非根幹距離での成績が良く、個人的に穴種牡馬として期待しています。

Dサンデー系

Dサンデー系は自身が現役時代にダートで活躍、もしくは現役時代は芝で活躍するも、産駒はダートに向いているタイプが該当します。

Dサンデー系の種牡馬

  • アッミラーレ
  • エイシンサンディ
  • エスポワールシチー
  • カネヒキリ
  • ゴールドアリュール
  • ゴールドヘイロー
  • サンライズペガサス
  • スズカマンボ
  • スマートファルコン
  • ディープスカイ
  • ネオユニヴァース
  • バブルガムフェロー

皐月賞・ダービーの二冠を制したネオユニヴァースや、ダービー馬ディープスカイもDサンデー系なのが面白いですね。

ネオユニヴァースやゴールドアリュールは、芝でも力の要る馬場になってダートのようなパワーが求められる馬場状態なら要注意。

エスポワールシチーやカネヒキリ、スマートファルコンあたりは、専らダートで走ります。距離短縮のローテだとチェックしておきましょう。

ミスプロ系やエーピーインディ系、米国型ノーザンダンサー系よりも総じて中距離向きが多く、ダートでも芝的な切れ味が求められるフェブラリーSやチャンピオンズCでは、Dサンデー系が強いです。

ただ、現役時代にダートで活躍していた種牡馬の産駒は、ダートでも人気しやすいので馬券的には妙味は少なめ。狙うならこれまで芝を使っていた馬がダートへ路線変更してきたときなどがチャンスですね。

ただし、ダート適性があるかは走ってみないと分からないので、ダート替わりは人気薄で狙うのが定石です。母系がダート血統のほうが好走する可能性は高くなるでしょう。

Lサンデー系

Lサンデー系は、ここまで該当しなかった全ての馬が該当します。ちなみに、Lとはローカルのことを指し、中央の瞬発力勝負より、ローカルの持続力勝負に強い特徴があります。

瞬発力が問われにくいローカルの中長距離に適性があり、サンデー系のなかでも地味なタイプが多いので人気にもなりにくいです。

個人的にはディープ産駒のトーセンホマレボシやディープブリランテもLサンデー系として扱っていますが、分類の仕方は主観にもよりますので、自分で狙いやすいようにまとめましょう。

馬券的に狙うことが多いのはブラックタイドやトーセンホマレボシ。前者は短縮が得意でパワーもあるのでダートで穴をあけることも多く、後者は非根幹距離で穴をあけることが多いです。


ブラックタイド産駒の特徴と狙い目
ブラックタイドはディープインパクトの兄として有名ですが、自身も重賞を勝っているように血統的な素質の高さは疑いようがありません。 瞬発...
非根幹距離の注目種牡馬
競馬では「400m」で割れる距離と、そうでない距離でレースが行われます。400mで割れる距離は「根幹距離」、割れないコースは「非根幹距離」...

フォローする