サンデーサイレンス系の特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大系統サンデーサイレンス系

サンデーサイレンスは1988年に米国でデビューし、翌年にはアメリカ三冠レースのうち、ケンタッキーダービー・プリークネスステークスを制した名馬です。

その後もブリーダーズカップを制するなど、一流の競走成績を残しますが、気性の激しさや血統背景から、種牡馬としてはさほど期待されませんでした。

そんななか、社台グループの創業者である吉田善哉は、サンデーサイレンスは日本で成功すると確信。

結果はご存知の通り、日本競馬を一変させるサンデー時代が到来します。

大系統サンデー系は、以下の5つの小系統に分類します。

小系統タイプ
ディープ系ディープインパクト産駒
Tサンデー系スタミナタイプ
Pサンデー系スピードタイプ
Dサンデー系ダートタイプ
Lサンデー系上位以外

ディープ系

サンデーサイレンスの特徴を最も引き継いでいるのがディープインパクトです。

ディープ系は父譲りの末脚を武器に、重賞レースで大活躍。その強さの源は、他の追随を許さない瞬発力にあります。

距離は1600m~2400mがベストで、1200mや3000mを超えるレースでは成績は今一つ。

また、重賞まで進むディープ系は一流ですが、産駒数も多いために条件戦でくすぶっている馬が多いのも事実。

ディープ系ということだけで人気になりやすく、実は条件戦の回収率は標準を大幅に下回ります。

期間:2016~2017年

基本的に人気になる馬が多く、穴馬を狙うよりも人気馬を消すことが、馬券的に有効な戦略になります。

最近では京都の成績が落ちてきていることもあり、以前のようにディープは京都が得意と信頼すると、痛い目に合うかも知れません。

A級ディープとB級ディープ

ディープ系のなかでも、非凡な瞬発力を備え、G1などの大舞台で活躍するのがA級ディープ。

母系の血が重く、切れないタイプをB級ディープとして分類できます。

ただし、B級ディープは弱いということではなく、A級ディープに比べて瞬発力が劣るというだけで、能力そのものは高い馬も多いです。

そして、B級ディープはA級ディープが苦手な条件でパフォーマンスを上げます。

B級でもサンデーの血を持たない馬に比べると、瞬発力を含めて能力も優れている可能性も高く、重賞クラスならあらゆる条件で活躍馬が出ています。

弱点としては、スプリント戦やダート戦では求めらる適性が違いすぎるので、現状では活躍馬はあまりいないことでしょうか。

Tサンデー系

Tサンデー系はスタミナに優れたタイプで、現役時代は大レースで活躍したいわゆるA級サンデーが該当します。

・ステイゴールド
・スペシャルウィーク
・ゼンノロブロイ
・ダンスインザダーク
・ハーツクライ
・マンハッタンカフェ

これに2017年に産駒がデビューしたオルフェーヴルも加えた7頭を、Tサンデー系として考えています。

Tサンデー系の特徴は、芝2000m以上のレースや激戦になる短距離戦に強いことです。

性質的にはディープ系と近く、ディープ系に比べてスピードと瞬発力は劣るものの、スタミナとパワーは優るというイメージ。

そのため、ディープ系以上にダートで走る馬も多く、ハーツクライ産駒はダート中距離で大穴をあけることも。

最近の芝の長距離レースでは、出走馬のほとんどがTサンデー系になることも珍しくなく、馬券的には扱いが難しいケースも多いです。

Tサンデー系でも気性が前向き過ぎて、短距離を走る産駒もいます。

そのようなタイプは、潜在的なスタミナが豊富なので、ペースが上がって激戦になり、最後に底力が求められるときに激走することも。

スタミナ血統なのに短距離で激走するというパラドックスが起こるのが、競馬の面白いところですね。

Tサンデー系のなかでも、ステイゴールドはオルフェーブル・ドリームジャーニー・ナカヤマフェスタなど、G1馬を複数輩出。

残念ながらステイゴールドは亡くなってしまいましたが、その産駒も種牡馬となり、ステイゴールドの特徴を強く引き継いでいます。

今後はそれらの種牡馬が、ステイゴールド系として新たな血脈の流れを作るかも知れません。

オルフェーブル産駒の特徴※4/11更新
注目の新種牡馬オルフェーブル産駒の特徴をまとめ直しました。 以前まとめた時点では、危険な人気馬を量産していると結論付けましたが、それか...

Pサンデー系

Pサンデー系はスピードに優れたタイプで、現役時代に短距離を得意としていた馬が該当します。

・アグネスタキオン
・アドマイヤマックス
・オレハマッテルゼ
・キンシャサノキセキ
・サクラプレジデント
・スズカフェニックス
・ダイワメジャー
・デュランダル
・フジキセキ

Pサンデー系はディープ系が苦手な芝1400m以下のレースを得意とし、フジキセキ~キンシャサノキセキ(フジキセキ産駒)のラインは芝ダート兼用という馬も多いです。

また、父がPサンデー系でも母系が重厚なスタミナ血統の場合、長距離をこなす馬も出ます。

そういった馬は父のイメージから人気になりづらいので、馬券的に狙い目。

Tサンデー系を短距離で狙うのと、逆のパターンも使えるということですね。

ダイワメジャー産駒は2歳から抜群の強さを発揮しますが、早熟傾向が強く、歳を重ねていくとパフォーマンスを落とすことが多いです。

今後はダイワメジャーとキンシャサノキセキがPサンデー系の代表格となるでしょう。

どちらも2歳の新馬から高いパフォーマンスを発揮します。

Dサンデー系

Dサンデー系は、ダート適性が高い馬が該当します。

・アッミラーレ
・エイシンサンディ
・エスポワールシチー
・カネヒキリ
・ゴールドアリュール
・ゴールドヘイロー
・サンライズペガサス
・スズカマンボ
・スマートファルコン
・ディープスカイ
・ネオユニヴァース
・バブルガムフェロー

Dサンデー系はダートの短距離よりも中距離に適性が高い馬が多く、現役時代にダートで走っていた馬以外も分類されるのが面白いところです。

例えば、二冠馬ネオユニヴァースやダービー馬ディープスカイの産駒は、芝よりもダートで勝ち星を多くあげているので、Dサンデー系に属しています。

ダートの中でも芝的な切れ味が求められるレースで強く、ダートのG1であるフェブラリーステークスとチャンピオンズカップは、Dサンデー系が圧倒的な強さを見せます。

芝のレースでも、雨が降って馬場が重たくなったときに激走することも。

ネオユニヴァース産駒が力の要る中山競馬場や重馬場で強いことも有名です。

良馬場でも、馬場状態によってはDサンデー系が穴を連発することもあり、そのような場合はダート的な馬場となっていると判断し、穴馬券を取るチャンスです。

状態を見極めるには、ダートシェアを活用するのが効果的です。

ダートシェアで馬場状態を見極める!!
ダートシェアとは、産駒の勝ち鞍におけるダート比率を表したもので、この数値が大きいほどダート向きであると言えます。 例えばある種牡馬の全...

ダートでは基本的に人気になりやすいので、馬券的には芝で狙うのがポイント。

もしくは、これまで芝を使っていた馬がダートへ路線変更したときもチャンスです。

ただし、ダートで走れるかどうかはやってみなければ分からないので、血統面で人気になっているとリスクがあります。

ダート替わりを狙うなら、母系がダート血統で人気のない馬を狙う方が効果的です。

Lサンデー系

Lサンデー系は、ここまで該当しなかった全ての馬が該当します。

ちなみに「L」とは、ローカルのことを指し、中央の瞬発力勝負より、ローカルの持続力勝負に強い特徴があります。B級ディープと同じ扱いですね。

瞬発力が問われにくいローカルの中長距離に適性があり、サンデー系のなかでも地味なタイプが多いので人気にもなりにくいです。

今のところ、ディープ産駒のトーセンホマレボシやディープブリランテもLサンデー系にしていますが、能力的には一枚上である可能性もあります。

どの系統に入れるかは個人的な主観にもよりますので、自分で狙いやすいようにまとめればいいと思います。

2018年デビューのサンデー系種牡馬

こちらが2018年に産駒がデビューする、サンデー系の新種牡馬です。

・ジャスタウェイ
・トーセンラー
・ダノンバラード
・サダムパテック
・ザサンデーフサイチ
・デスペラード
・ファーガソン
・カフェラピード
・セレン
・メジロダイボサツ

あまり現役時代に走っていない馬もいますが、注目はやはりジャスタウェイ。

自身も、その父ハーツクライも古馬になってからメキメキ力を付けたタイプなので、おそらくジャスタウェイの産駒もその傾向にあるでしょう。

馬券的には2歳・3歳春時点では人気で信用しない方がいい…ということですね。

全体的に、あまり産駒数も多くはないようなので、どれだけ狙える機会があるかは分かりませんが、仕上がりが速いのはサダムパテックでしょう。

デスペラードはダートやタフな馬場で穴をあける産駒が出そう。少ない産駒が勝ち上がれるかどうかが問題ですが。

やはり産駒数の多いジャスタウェイ産駒を、いち早く特性を見抜いて馬券に活かすことがポイントになりそうです。

今のところ、やや距離適性が短いところへシフトしたハーツクライ、というイメージで考えています。

来年の今頃にはどのような結果になっているか、楽しみです。

スポンサーリンク

フォローする