【2018】スワンステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるスワンステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

スワンステークスの傾向

今年の京都芝は例年のような顕著な内枠有利の傾向は見られず、差し馬の台頭も目立ちます。時計も掛かり気味で、短縮ローテが有利な傾向があります。

スワンステークスも内枠にこだわらず、例年の傾向は参考程度に留めておきたいですね。

例年は当然のように内を通る馬や先行した馬が有利になっています。

出走数の多いサンデー系が好走馬の大半を占め、ディープ産駒の成績も優秀ですが、ほとんどが前走G1に出走していた格上の人気馬なので、プラスというより割り引く必要はないと考えるべきでしょうか。

好走率ではPサンデー系よりTサンデー系が優秀で、血統的にはスタミナ型でマイル以下に実績のあるタイプが面白いです。Pサンデー系なら、同距離・延長ローテより、短縮ローテで出走する馬を狙うのが良さそうです。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・モズアスコット

血統 サドラーズウェルズ系×ストームバード系

前走 安田記念 9番人気1着

異例のローテーションで安田記念を制覇。

フランケル産駒をどう考えるかが非常に難しいですが、同じサドラー系ローエングリンのように、日本の芝でも対応する産駒が出やすいかも知れません。

もはや能力に疑いようはありませんが、懸念材料を挙げるとすれば、初めての中期休養で集中力を欠いていないか、ベストパフォーマンスは延長ローテの安田記念・マイラーズCであり短縮ローテでどうか…という点。

本番へのステップということもあり、被った人気なら頭で買うにはリスクもあるかなとは思います。

・ロードクエスト

血統 Pサンデー系×ダンチヒ系

前走 京成杯AH 5番人気4着

前走は直線でスムーズに捌けなかったのが痛かったですね。ここでデムーロに乗り替わり、陣営としても何とかしたい気持ちが強そうです。

短縮ローテも良いですし、差しに回って久々に豪快な末脚が見られるかも。

・レーヌミノル

血統 Pサンデー系×ヘイロー系

前走 安田記念 15番人気12着

大きく崩れているわけではありませんが、ちょっとリズムが悪いので静観するのが無難かと思います。人気になるなら尚更ですね。

・デアレガーロ

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 キーンランドC 7番人気8着

当レースに実績のあるマンハッタンカフェ産駒で、延長ローテでも侮れない1頭です。

今回は福永Jで、スタートを決めてすんなりと先行すれば面白そう。

・ヒルノデイバロー

血統 Tサンデー系×リボー系

前走 スプリンターズS 15番人気9着

昨年12番人気で激走。

強気に狙うのは難しいですが、相手候補としては拾っておきたいです。

・グァンチャーレ

血統 ロベルト系×ヘイロー系

前走 OP特別 2番人気3着

血統的にも戦績的にも、ややスピード不足という印象です。

・ベステンダンク

血統 ヘイロー系×Tサンデー系

前走 OP特別 3番人気2着

母父がTサンデー系で、楽逃げ出来れば粘りこめる可能性はあるかも知れません。

・キングハート

血統 Pサンデー系×ミスプロ系

前走 OP特別 9番人気6着

外枠よりも内枠で力を出すタイプで、近走は常に外枠で恵まれていません。

戦績だけでは走る気をなくしているかのようですが、内枠ならワンチャンあっても良いのではないでしょうか。

・コウエイタケル

血統 Tサンデー系×ヴァイスリージェント系

前走 セントウルS 11番人気4着

とくに強調するものはないですが、内枠なら今回もそれなりに走ってくる可能性はありそうです。

・サフランハート

血統 Lサンデー系×サドラーズウェルズ系

前走 1600万下 2番人気1着

ここでは少し荷が重い気がします。

総評

G2ながら全体的には層は薄めで、モズアスコットが3着内に入る確率は非常に高そうな気がします。ただ、取りこぼす可能性も十分に有り得ると思うので、買い方次第で一儲け出来るかも知れません。

アルテミスステークスの傾向です。

【2018】アルテミスステークスの傾向
今週末に行われるアルテミスステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 アルテミスステー...
スポンサーリンク

フォローする