【2018】秋華賞の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる秋華賞の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

秋華賞の傾向

コース的には内枠が有利になるはずですが、外枠でも成績は悪くありません。

揉まれにくいこと・激流になりやすく、内の先行馬がバテて外から差してくる馬も届きやすいことが影響しているのでしょう。

ディープ産駒は最多の4勝を挙げていますが、適性というよりは能力差で走っているという印象です。サンデーサイレンスの直仔も成績が振るわなかったレースです。

2桁人気の大穴を2頭送り出したのがブライアンズタイム。激戦になるほど真価を発揮する種牡馬で、底力に溢れる血統には要注意です。

トニービン、ダンスインザダーク、リボーなどの血を持つ馬は底力を備えている可能性があるので、注目しておきたいですね。

ローズSの勝ち馬は前走で5番人気以下だった馬は全て凡走しています。逆に5番人気以内であれば、14頭中11頭が好走。

凡走した3頭は、いずれも近走でほとんど後方から競馬をしている馬でした。それでも好走している馬も多いですが、リスクは多少上がると思っておいた方が良さそうです。

2~5着馬は、回収率が優秀です。

とくに上がり2位以内だった馬は人気薄でも警戒しておきたいですし、上り5位以内の馬も注目です。

6着以下だった馬は基本的に厳しいですね。

過去20年で巻き返した馬は僅かに4頭で、昨年のモズカッチャンは雨でタフになった馬場が向き、リラコサージュはブライアンズタイム産駒で前走が重馬場、ブラックエンブレムも前走が重馬場、ヤマカツスズランは前走が阪神3歳牝馬S(現阪神JF)以来の休み明け。

いずれも何かしら通常とは異なる状況があった馬と言えるでしょう。

前走条件戦組はさすがに苦戦していますが、前走上がり最速だった馬に限っては十分に狙えます。人気にはなりづらいので、対象馬には注目しておきましょう。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・アーモンドアイ

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 優駿牝馬 1番人気1着

説明は要りませんね。

出走レース全て上がり最速、追い込んで良し、好位に付けて良し。桜花賞以上に間隔空いての出走となることだけが唯一の懸念材料でしょうか。

快挙達成となるのか、ライバルが一矢報いるのか…楽しみです。

・ラッキーライラック

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 優駿牝馬 2番人気3着

オルフェ産駒とは思えないほど優等生なイメージですが、急遽の鞍上交代がどう影響するか。

この馬も相当強いと思いますが、逆転するにはブエナビスタとレッドディザイアの年のような展開が理想でしょう。

・カンタービレ

血統 ディープ系×サドラーズウェルズ系

前走 ローズS 5番人気1着

一応ローズS勝ち馬の好走条件はクリアしていますが…

なぜかこの戦績であまり強さを感じません。

・サラキア

血統 ディープ系×ニジンスキー系

前走 ローズS 2番人気2着

ローズS組ならこの馬が最も期待出来そうです。

が、さすがに上位2頭とは力差はあるでしょう。

・プリモシーン

血統 ディープ系×ダンチヒ系

前走 関屋記念 1番人気1着

G1ではともに出遅れており、2強に最も迫る可能性があるとしたらこの馬でしょうか。血統面で強調材料はとくにありません。

・ミッキーチャーム

血統 ディープ系×ダンチヒ系

前走 1000万下 1番人気1着

ディープ産駒の新星となるか。

末脚で勝負するタイプなら面白いですが、ここではちょっと厳しい気はします。

・オールフォーラヴ

血統 ディープ系×キングマンボ系

前走 ローズS 3番人気9着

母は小回り重賞を2勝しており、もしかしたらこの舞台でパフォーマンスを上げるかも知れません。望みは薄いですが…

・ウラヌスチャーム

血統 キングマンボ系×Pサンデー系

前走 ローズS 6番人気5着

前走は前有利な競馬で、能力の一端は示したと言えるでしょう。

底力血統であるトニービン・リボー両方の血を持っているため、一発あってもおかしくはなさそうです。

・ゴージャスランチ

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 ローズS 8番人気4着

父マンハッタンカフェもリボーの血を持ちますが、前走が緩いペースの逃げだったことから上積みは期待出来なさそうです。

・パイオニアバイオ

血統 キングマンボ系×Tサンデー系

前走 紫苑S 6番人気4着

出走して言えば人気になっていたノームコアと、フローラSでは互角の勝負をしています。人気と実力を考えれば、抑えてはおきたい1頭ですね。

総評

2強ともぶっつけという異例のローテーションになりますが、力が違い過ぎる気はしますね。

見て楽しむレースにする方が無難とは思いますが、波乱の目がないとも言い切れないので思い切った勝負をしてみるのも面白いかも知れません。

府中牝馬ステークスの傾向です。

【2018】府中牝馬ステークスの傾向
今週末に行われる府中牝馬ステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 府中牝馬ステークス...
スポンサーリンク

フォローする