【2017】宝塚記念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる宝塚記念の傾向と展望です。

気付けばもう上半期のG1ラスト。今年は個人的にG1はひとつも当たっていないので寂しい限りですが、G1を当てれば競馬で勝てるというものでもないのでコツコツやっていこうと思います。

スポンサーリンク

宝塚記念の傾向

人気別

過去10年、1番人気は複勝率80%と堅実。来なかった2頭は3歳牝馬のウオッカと気まぐれゴールドシップです。

どの人気でも満遍なく来る感じで、強さ(実績)だけではない何かが必要なのかも知れません。

枠順別

勝ち馬の半分が8枠から出ていますが、少頭数になることも多く外有利と断言するのは難しいです。

特に今年は高速馬場で、タフな阪神とは言えない状況ですから直近の傾向を見る方が良いでしょう。週末は天気も怪しいようです。

脚質別

脚質では完全に前に行く馬が有利。

直線坂があるとは言え、後方一気では厳しいので機動力のある馬を軸にしたいところです。

血統別

過去10年一番勝ち馬を多く出しているのがステイゴールドで、勝つか着外かの極端な成績。

以外にも好成績なのがディープインパクト産駒で、穴をあけるほとんどが牝馬です。

逆に出走数のわりにイマイチなのはキングカメハメハ産駒。昨年もドゥラメンテがディープ牝馬に敗れましたね。

ハーツクライ産駒も不調ですが、ほとんどが天皇賞で好走していた馬。ハーツ産駒は反動が出やすい傾向があるので、前走ハイレベルなレースで好走していた馬は要注意です。

過去レース別

前走天皇賞(春)

天皇賞(春)で連対していた馬は13頭中4頭が3着以内。人気馬が多いことを考えると非常に不振と言えます。

好走した4頭全てに共通するのは2走前が大阪杯だったこと。それ以外の凡走した馬は全て2走前に2200m以上のG2に出走していました。

長距離は疲労が溜まりやすいと言われる影響があるかも知れません。

前走3~5着だった馬は11頭中2頭が好走、共に勝利していますが良いステップとは言い難いですね。

こちらも2走前が長距離であった馬が多いので、そうでない馬ならチャンスはあるかも知れません。

前走6着以下だった馬は17頭中3頭が好走。しかし馬券にはならずも二桁人気で好走している馬もいます。

特に前走10着以下だった馬の方が好走しやすい傾向が。負けるなら思いっきり負けている馬の方が良いです。

前走成尾記念

前走成尾記念だった馬は13頭中4頭が3着以内、全て前走4着以内に好走しています。しかし5着以下の馬も全て今回人気以上に走っているので、ステップとしてはかなり相性が良いと言えそうです。

前走差していた馬でも、今回は先行している馬が好成績で、末一手ではない馬の方が信頼度は上がりそうです。

前走目黒記念

前走目黒記念だった馬は19頭中2頭が好走、その2頭は前走で連対していました。

長距離路線の疲労と、単純なレベルの問題がありそうですね。

前走ヴィクトリアマイル

前走ヴィクトリアマイルだった馬は10頭中4頭が好走、短い距離で疲労が少なく有利なのかも知れません。

とは言えブエナビスタが2年連続1番人気で2着と人気を裏切っているので、圧倒的に有利とは言えなそうです。

宝塚記念の展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はキタサンブラック

父Lサンデー系×母父プリンスリーギフト系で、前走は天皇賞(春)で1番人気1着。

これと言って死角は見当たりません。しかしハイレベルなレースばかり走っているので、いつその疲労が出てもおかしくないとも言えそう。

圧倒的人気になるのは見えていますが、1着付けでブッコむのは危険なので止めておきましょう。

2番人気はシャケトラ

父Tサンデー系×母父サドラーズウェルズ系で、前走は天皇賞(春)で3番人気9着。

3戦連続で2400m以上を使われていますが、キャリアは浅いので巻き返すチャンスはありそう。

少頭数になるのもマンカフェ産駒にとっては好材料ですが、2番人気…妙味はないですね。

3番人気はミッキークイーン

父ディープ×母父ヌレイエフ系で、前走はヴィクトリアマイルで1番人気7着。

前走の敗因はよく分かりませんが、能力的には十分通用するでしょう。3番人気では積極的に買いたくはありませんが、人気がなければ。

4番人気はシュヴァルグラン

父Tサンデー系×母父ミスプロ系で、前走は天皇賞(春)で4番人気2着。

2走前は阪神大賞典、前走天皇賞で好走、そしてハーツクライ産駒。データ的には危険な要素しかありません。

実績的には2番人気になりそうなんですがどうなんでしょうか。とりあえず危険な人気馬だと思います。

5番人気はサトノクラウン

父ノーザンダンサー系×母父ミスプロ系で、前走は大阪杯で3番人気6着。

前走は高速馬場でこの馬向きではなかったでしょう。昨年のパフォーマンスは不満ですが、馬場が渋ればチャンスがあると思います。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

レインボーラインは前走不利な大外枠で後方からほとんど競馬をしていません。

宝塚記念は昔からここがG1初勝利となる馬が多いと言われているので、今年該当するならこの馬でしょうか。

ゴールドアクターは日経賞が不可解な凡走、前走は出遅れて終了。

ピークが過ぎて走る気がなくなっているのかも知れませんが、舞台は合うはずなので人気次第では狙ってみたい。

以上です。

正直今年は少頭数過ぎて馬券的にはあまり魅力はありませんが、キタサンブラックの走りに注目です。

スポンサーリンク

フォローする