【2018】七夕賞の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる七夕賞の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

七夕賞の傾向

人気薄の激走も多く、荒れやすい重賞になっています。

2013年から2週目の開催となり、先行馬や内枠有利の傾向が出ています。

軽量馬にも注意は必要ですが、ハンデが重い馬でも好走が多いのであまり気にする必要はないかも知れません。

小回り重賞でもディープ産駒が強いです。

この舞台に出てくるディープ産駒はA級ではなく、瞬発力よりも持続力に優れるタイプが多いため、他の系統に比べて基本能力の高いディープ産駒が走りやすい可能性があります。

穴で注意したいのはダート的な要素を持つ馬。

2013年以降、単勝10倍以上で好走した馬を輩出したのは、ハーツクライ・ディープインパクト(2回)・ゼンノロブロイ(2回)・クロフネ(2回)・マヤノトップガンの5頭。

そのうち、ゼンノロブロイ・クロフネ・マヤノトップガンはダートシェアが50%以上です。

前走重賞組は苦戦しています。

とくに前走が重賞で6番人気以下だった馬は悲惨で、好走するにはよほど適性が高いと思われる馬でないと厳しそう。

逆に5番人気に支持されていた馬は堅実です。

その中でも、前走逃げたり追い込んだりの極端な競馬をしている馬は安定感に欠け、人気なら信頼はしづらいですね。

穴馬はOP特別組が多いです。

とくに広いコースで負けている馬が、小回りコースでパフォーマンスを上げるパターンに注意したいところです。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・サーブルオール

血統 ダンチヒ系×Lサンデー系

前走 エプソムC 3番人気4着

父ハービンジャーは小回り重賞のスタミナ比べには強いですね。

脚質的にどうかですが、少頭数で動きやすく、延長で前に行けるなら心配する必要はないかも知れません。

逆らいづらい1頭です。

・プラチナムバレット

血統 Tサンデー系×リファール系

前走 都大路S 1番人気14着

前走は競走中に跛行を発症していたとのこと。

能力的には重賞でも通用しますし、問題は状態だけでしょう。

・キンショーユキヒメ

血統 サドラーズウェルズ系×サンデーサイレンス

前走 マーメイドS 3番人気7着

前走は激走後の延長という二重苦で凡走も仕方なし。

今回は短縮で前走よりは条件は良くなる可能性は高いですが、脚質的にリスクがあるので人気では高評価はしづらいところです。

・レイホーロマンス

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 マーメイドS 1番人気6着

重賞続きで疲労が出てきた感じでしょうか。

前走は不利も大きかったのは間違いないですが、それが人気の追い込み馬のリスクでもあります。

今回は少頭数になり不利を受ける可能性は低くはなりますが、リスクがあることには変わりません。

条件的には好転すると思うので、悩ましい1頭です。

・マイネルサージュ

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 福島民報杯 5番人気1着

最近の好走はいずれも重賞→OP特別の相手弱化時のものです。

相手強化には向かないタイプである可能性も高いですが、少頭数になるのはプラスでしょうね。

・ワンブレスアウェイ

血統 Tサンデー系×ストームバード系

前走 マーメイドS 9番人気2着

重賞で通用する力はあるものの、スタートが安定せず結果が出ていなかった馬が前走スタートを決めて好走。

スタートの不安は変わりませんが、内枠に入れば再度注意が必要でしょう。

・マイネルフロスト

血統 Lサンデー系×ロベルト系

前走 エプソムC 13番人気9着

昨年の2着馬ですが、前走は長期休養明けの特殊馬場で参考外でいいでしょう。

前走が夏の重賞への叩き台だとすると、ここは侮れない1頭です。

先行できる脚質は常に魅力ですからね。

・マイネルミラノ

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 エプソムC 14番人気11着

この馬の走り時が私にはよく分かりません。

2走前のAJCCのように、楽に行ければ巻き返しても不思議はありませんし、マイネルフロストとの行った行ったの場面もあり得る…かも?

・バーディーイーグル

血統 ロベルト系×ミスプロ系

前走 エプソムC 12番人気8着

これまでの中で最もダートシェアが高い血統ですね。

ただ、狙い目としては短縮時かなとは思うのでここは静観します。

・シルクドリーマー

血統 ロベルト系×Pサンデー系

前走 ステイヤーズS 5番人気7着

前走は適性外のレースと言っていいでしょう。

長期休み明けとなりますが、前走から大幅な短縮・激戦に強そうな血統で一発があってもおかしくはなさそう。

とはいえ、さすがに厳しそうな気はしますが…

総評

波乱が期待できるローカルハンデ重賞ですが、頭数揃わず寂しいですね。

人気どころに差しタイプが多いので、波乱を狙うなら前残りに賭けたいところですがそれも少頭数だと効果が薄れます。

オッズとの兼ね合いで勝負するかは判断したいところです。

ダートシェアの一覧です。

ダートシェアで馬場状態を見極める!!
ダートシェアとは、産駒の勝ち鞍におけるダート比率を表したもので、この数値が大きいほどダート向きであると言えます。 例えばある種牡馬の全...

6月終了時点での予想成績です。

上半期の重賞&本命馬成績
宝塚記念が終わり、2018年の競馬も上半期が終了したので、ブログで公開している重賞予想と、それ以外の勝負レースの本命馬の成績をまとめました。...

スポンサーリンク

フォローする