【2017】フィリーズレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週日曜に行われる桜花賞トライアル、フィリーズレビューの傾向と展望です。

ハッキリ言って桜花賞には全く繋がらない前哨戦ですが、レースは荒れる傾向にあるので馬券的には楽しみな一戦です。

スポンサーリンク

過去の傾向

過去10年、1~3番人気は可もなく不可もなく。しかし6番人気以下をベタ買いするだけで単複回収率が100%を超えているので、人気馬は来つつも人気同士の決着は少ないという事でしょうか。

枠的には内外ほとんど差が無いですが、基本的には前が有利。しかし最後の坂の影響か、勝ち馬のうち4角10番手以降だった馬が半分います。

前に行ける馬を中心に、末脚のしっかりしている馬を拾っておく事が重要になりそう。

血統的には短距離ながら父Tサンデー系が優秀。スタミナ血統ながら気性的に前向きさを持つ馬が良いです。

そして芝のレースにも関わらず、ボールドルーラー系・ヴァイスリージェント系・フォーティナイナー系などのダート血統馬が穴を出している事は要注目です。

1400mのレースにありがちな一本調子の緩まないペースで雪崩れ込む展開になりやすく、ダート血統・ダート実績のある馬が穴を演出しています。

前走1200mだった馬は過去10年で1頭も馬券になっていません。ほとんどが人気薄であるため絶対に走らないとは言い切れませんが、クラシックを目指しているレベルの馬とは差があるのは事実でしょう。

前走阪神JFに出走していた馬は着順に関係なく優秀。ただし馬券になったほとんどは先行していた馬で、厳しいレースを経験した事が糧になっているようです。

フィリーズレビューの展望

それではnetkeibaの予想オッズ順に考察していきます。

1番人気はレーヌミノル。父Pサンデー系×母父ヘイロー系です。

恐らく本番は厳しいという思いは前走で陣営にも感じ取れたのでは無いでしょうか。そうでなければわざわざここに出走する必要は無いですからね。

血統的にも実績的にもここでは一枚抜けた印象で、人気ですが無理に逆らう必要な無さそう。ここで好走→桜花賞惨敗→NHKマイルでどうか?という未来が見えます!!

2番人気はカラクレナイ。父サドラーズウェルズ系×母父Pサンデー系です。

母父がダート血統に近い構成のアグネスタキオンですから、血統的には悪くは無いか。しかし2番人気で積極的に買いたいとは思わないので、レーヌミノルを上位に取るならこの馬は消すのが妥当か。

3番人気はジューヌエコール。父ヴァイスリージェント系×母父Pサンデー系です。

こちらも母父アグネスタキオンで父もダート血統のクロフネ。仮にもG2を勝っている馬なのでここは走る可能性は十分。前走阪神JFで先行している点もポイントです。

4番人気はアカカ。父ヴァイスリージェント系×母父キングマンボ系です。

何かの間違いでしょうか?なぜこの馬が4番人気予想に??

私には見えない何かがあるなら私にはこのレースは取れません。買えない。

5番人気はアズールムーン。父エーピーインディ系×母父ミスプロ系です。

バリバリの米国血統ですね。買いたいタイプではありますが、上位人気になるならちょっとリスクが高い気も。

とは言えレーヌミノル以外のレベルが低そうなので抑えは必要でしょうか。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

ゴールドケープは前走阪神JFで先行した馬。血統的に少し不安ですが、人気が無いなら。

タガノカトレアは父がフォーティナイナー系でダートで2連勝。今回が初芝ですが、昨年も初芝の10番人気ソーディヴァインが僅差の5着とマイナス材料にはなりません。一部の人を除いてこういった馬は狙いづらいでしょうから、思い切ってみるのもアリかと。

ヴィルデローゼも同じく父フォーティナイナー系で前走ダートで勝利。未勝利上がりですが、チューリップ賞でもそこそこ走ったダノンディーヴァとそれなりの競馬をしているので今回のメンバーなら通用しても不思議無いです。

以上です。

登録馬が多く、狙いたい馬が出走してくれるかも分かりませんが、面白いな馬もいるので楽しみです。

スポンサーリンク

フォローする