【2017】阪神大賞典・ファルコンS

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は3日間開催で4重賞が行われます。

ファルコンSは今の条件になってから試行数も少ないので傾向は掴みづらいです。

中京自体すぐに傾向が変わりますからね。

今回はざっくりとした傾向と注目馬を見ていきたいと思います。

阪神大賞典は頭数も揃わず、基本的には強い馬が走るので、こちらも注目馬を見ていこうと思います。

ファルコンSの傾向と展望

前走6着以下だった馬が好走馬の半分を占めるように、波乱気味のレースです。

その中でも前走人気より走らなかった馬が特に優秀。

血統的にスタチューオブリバティ産駒が3頭中2頭馬券(もう一頭も15番人気5着)になっているように、普段の重賞では活躍出来ないマイナー種牡馬が狙い目になりそうです。

それではnetkeibaの予想オッズから見解を。

1番人気はジョーストリクトリで、父Tサンデー系×欧州型ノーザンダンサー系。

2走前に同コースで勝利実績があります。

特に買いたい要素も嫌いたい要素も無く、人気ならわざわざ重視する必要は無いかな…といった感じ。

2番人気はコウソクストレートで、父Lサンデー系×母父グレイソヴリン系。

父が休み明け苦手のヴィクトワールピサなので、10週空いているここは割引したい。

さほど強いとも思えず、ばっさり切っても良いかな。

3番人気はナイトバナレットで、父Lサンデー系×母父ニアークティック系。

デビュー以来堅実な走りで前走はOP特別を勝利。

4走前の未勝利戦ではハイペースを先行するくらいのスピードを見せており、上位2頭よりは信頼出来そう。

4番人気はボンセルヴィーソで、父Pサンデー系×母父レッドゴッド系。

前走は人気薄ながら粘り粘って波乱を演出。

ここも当然積極的なレースをするでしょうが、このレースは前傾ラップになりやすく、差しが決まりやすいのがどう出るか。

5番人気はエントリーチケットで、父Lサンデー系×母父グレイソヴリン系。

前走は厳しい流れを先行しての大敗で、それほど悲観する事は無いでしょう。

非根幹距離の鬼だったマツリダゴッホを父に、持続力がウリのスターオブコジーンが母父になるので、血統的にも面白い。

以下、気になる馬を…

いませんでしたッ!!

う~ん、上位2頭は頼りないけど下位人気候補もパッとしないですね。

現時点ではあまり買う気をそそられないです。

阪神大賞典の傾向と展望

過去10年で馬券対象30頭中27頭が5番人気以内だった馬です。

前走6着以下だった馬で巻き返しているのは、ほぼ前走G2以上だった馬。G3以下で凡走しているレベルでは通用しません。

前走5着以内だった馬でも、人気以上に走った馬の成績はかなり悪いです。

狙いは前走人気で少し凡走した馬、という事ですね。

それではその傾向に当てはまる馬をピックアップ。

まずはサトノダイヤモンド。

前走1番人気1着と、人気通りに走っており、ここもこれと言った死角無しです。

血統的に阪神の長距離がどうかと思いますが、そんなレベルの馬では無い事を信じたいですね。

しかし取りこぼす可能性も若干はあり得る…かな?

続いてシュバルグラン。

前走は6着ですが、G1で5番人気6着と凡走。

展開も向かなかったし、前年楽勝している舞台で好走確率は高そう。

続いてレーヴミストラル。

前走は長期休養明けでしたが、G2で6番人気10着。

血統的にもここは向くとは思えず、押し出される人気馬の危険なタイプだと思います。

続いてタマモベストプレイ。

前走はOP特別で2番人気1着。まぁ要らないでしょう。

続いてトーセンバジル。

前走はG1で12番人気11着。父ハービンジャーで、この舞台は適性高い可能性もありチャンス有りか。

その他の馬は傾向的にはアウトです。

まぁこのレースも買う必要な無さそうですし、強い馬が強いレースをしてくれるのを楽しみましょう。

スポンサーリンク

フォローする