【2017】日経賞・毎日杯

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日に行われる日経賞と毎日杯の展望です。

今回はそれぞれの重賞に出走予定の中から気になる馬をピックアップしていきます。

日経賞の展望

昨年の覇者ゴールドアクターが登場。

適性に関しては今更語る事はないですね。しかし有馬記念では上位2頭に及ばず、4連勝でG1制覇した時の勢いには陰りがあるでしょう。

まぁ有馬の上位2頭は強いですけど、このコースでならキタサンブラックには先着して欲しかったです。

今年は4歳の強豪が出走を予定していますし、陣営としてもやはり欲しいのはG1のタイトルでしょうから、取りこぼしは考えておきたい。

昨年の皐月賞馬ディーマジェスティはJCでは見せ場無く大敗。

皐月賞はやや嵌った感はあるものの、マカヒキとサトノダイヤモンドに先着するのは確かな能力の証です。

母父ブライアンズタイムの影響か、あまり高速馬場は向かないディープ産駒なので、春の天皇賞よりこちらの方が適性は高いでしょう。

厳しい流れになればこの馬のポテンシャルが発揮される可能性は高そう。

ただし、ディープ産駒の牡馬は成長力がイマイチな事も多いので、他の4歳勢との差は無くなっているかも知れません。

シャケトラは前走格上挑戦の日経新春杯で連対。

ミッキーロケットと全く差の無い競馬で4歳上位レベルを示しました。

正直マンハッタンカフェ産駒の大物が過去にいないので、今後どこまで伸びしろがあるのかが分かりません。

今までのマンハッタンカフェ産駒ならG2までは堅実に走り、G1になると一歩足りないという印象が強いですが、シャケトラはどうでしょうか。

血統的にもローテーション的にも特に問題は無いので、好走確率は高そうです。

NHKマイルC3着、菊花賞2着、JC6着とオールマイティな活躍を見せるレインボーラインは中山特注血統のステイゴールド産駒。

脚質的に展開がよほど嵌らないと勝ち切れません。サウンズオブアースに続くシルバーコレクターになる可能性も。

こういうタイプは人気になれば凡走しやすく、人気で軸として考えるのは危険でしょう。

良いお付き合いをするには人気薄で狙う方が良さそうです。

ステイゴールドの孫にあたるミライヘノツバサは中山巧者ぶりを存分に発揮しています。

ただし絶対的な能力で言えば一枚落ちる印象。

立ち回りでどこまでやれるか、外枠なら軽視して内枠を引けば抑えはしておきたい。

ディーマジェスティと同配合のモンドインテロも、軽い馬場より中山は合いそうですが、こちらも上位には劣る印象。

現時点では上位陣が強力で、適性的にも合っているので崩れる可能性は低そうです。

後は枠の並びを見て、狙えそうな気がしなければ見送りですね。

毎日杯の展望

良血のディープ産駒が中心になりそうなレースです。

アルアインは前走直線で不利があり、度外視出来る内容ですが、それまでの2戦のパフォーマンスはあまり凄みを感じません。

血統・厩舎・生産者全てが一流ブランドで人気になりやすいタイプですが、ここはまだ少し疑っておきたい。

クリアザトラックも同じく一流ブランドです。

前走は並ばれてからしぶとく伸びて、交わされそうでしたが抜かせませんでした。

少し掛かりやすい面があるので、絶対的な信頼は置きづらいタイプですね。

前走同じ日に行われたチューリップ賞と比べると、どうしても物足りなさを感じてしまうので、人気先行感はあります。

もう一頭のディープ産駒であるサトノアーサー。

前走は勝ち馬との適性差が出た感じですが、能力は高そうです。

まだ厳しいレースを経験していませんが、どうせこのレースもそんなに厳しいペースにはならないでしょうから、上の2頭よりは可能性を感じさせる気はします。

ディープ産駒以外では外回りコース得意なダノンシャンティ産駒のガンサリュートは注目。

初勝利まで4戦を要しましたが、戦ってきた相手が世代上位の馬ばかり。

前走は展開は向いたものの、低評価を覆す好走を見せ、舞台的にはこちらの方が合うはずなので、打倒ディープ産駒筆頭はこの馬でしょう。

プラチナムバレットは前走クリアザトラックと互角のレースでした。

マンハッタンカフェ産駒でいきなり重賞になると少し割引したいのと、クリアザトラックのレベルもどこまでかが怪しいので、高評価はしづらいです。

恐らく5番人気前後になりそうなトラストは面白そう。

スクリーンヒーロー産駒は非根幹距離の成績が良いし、有力馬が後ろなので前で運べる脚質は有利。

ここ3戦は全て後方にいた馬が上位を占めるレースばかりで、展開に恵まれなかったのに崩れていません。

今の阪神ならそこまで差し天国でも無いので巻き返しは十分可能でしょう。

スポンサーリンク

フォローする