【2017】ダービー卿チャレンジトロフィー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日に行われるダービー卿チャレンジトロフィーの傾向と展望です。

一昨年には怪物モーリスがここを制してその後G1でも大活躍しましたが、今年もここからスターホースが誕生するのでしょうか?

今年は候補になり得る馬がいるので楽しみですね!!

スポンサーリンク

過去の傾向

以前のこのレースではマイル戦らしく、短距離馬が好成績を収めていましたが、馬場が改修されて以降はどちらかと言えば中距離までこなせるタイプが浮上しやすくなりました。

改修前と同じように考えるのは危険だと思いますが、変わらず好調なのは前走の上がり上位馬。

ハンデ戦らしく、前走まで条件戦で走っていたでも十分通用するレースです。

過去10年で1~3番人気の信頼度は非常に低く、上位人気馬でもマイナス材料がある馬は疑ってみる価値がありそうです。

ダービー卿チャレンジトロフィーの展望

それではnetkeibaの予想オッズ順に考察していきます。

1番人気はグレーターロンドン。父ディープ×母父ヘロド系で、目下5連勝中の注目馬です。

前走でも1頭次元の違う末脚で楽勝。まだまだ底を見せていない感もありますので、ここも通過点か。

しかし脚質的に付け入る隙はありそう。追込み一辺倒ですので当然他頭数ではロスが大きくなります。

マルターズアポジーが出走してくれば、前半はそれなりのペースになりそうですし、そうなった時に今までの脚が使えるかがポイントになりそう。

とは言え、G1戦線に乗るにはここで賞金が欲しいところでしょうし、むやみに切るのも難しいですね。

2番人気はキャンベルジュニア。父欧州型ノーザンダンサー系×母父ダンチヒ系で、昨年は当レースで1番人気に推された馬です。

前走は同コースでハイペースながら楽々押し切る強い競馬。昨年以上にパワーアップしている気はします。

モーリスを育てた堀厩舎ですので、しっかりと走ってくる可能性は高そう。

3番人気はグランシルク。父Tサンデー系×母父ロベルト系です。

中山に相性の良い母父ロベルト系ですが、能力的には何ともインパクトに欠ける印象。

人気が無ければ血統の後押しで買いたいですが、人気なら逆に疑いたくなるタイプですね。

4番人気はロイカバード。父ディープ×母父ミスプロ系での良血馬。

まぁ完全に押し出された人気馬という感じ。ディープ産駒は中山マイルで大苦戦しているので、抜けた力を持っている訳でも無く、買う要素はほとんど見当たりません。

5番人気はガリバルディ。父ディープ×母父ミスプロ系でこちらも兄にマルカシェンクを持つ良血馬。

しかしながらロイカバード同様、ディープ産駒を積極的に買いたい馬場では無いのでここは人気を吸ってもらえればありがたい。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

ダンツプリウスは父が中山得意なブライアンズタイムで、相手強化でパフォーマンスを上げる可能性十分。

内枠を引けば十分好勝負出来ると考えています。

マルターズアポジー、マイネルアウラートは前に行って後続に脚を使わせながら自分のリズムで運ぶとしぶとい。

ただしキャンベルジュニアがグレーターロンドンを気にせず早めに捕まえに来ると前は厳しくなるかも知れません。

逆にグレーターロンドンを意識し過ぎると前残りの波乱決着も想定出来るのではないでしょうか。

以上です。

株式投資のブログを始めました。

株式ですがギャンブル要素が高い売買をするのでは無く、将来に向けての資産形成を誰もが出来る方法で紹介していますので、興味ある方はご覧になってください。

米国株で成り上がる

スポンサーリンク

フォローする