【2017】新設G1・大阪杯

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年から新設された中距離G1・大阪杯の展望です。

G1へ昇格した事により、過去の傾向はあまり参考にならない可能性が高いと思いますので、今回は出走馬の考察をしていきます。

大阪杯の展望

まずはnetkeibaの予想オッズ順に考察していきます。

1番人気はキタサンブラック。父Lサンデー系×母父プリンスリーギフト系ですが、この馬に血統論は関係無いですね。

とにかく安定感のある馬で、4着以下に沈んだのはダービーの1戦のみ。その時華麗に◎を打ったのは…私です。

このメンバーでもガチンコ勝負では4歳勢以外には負けないのでは無いでしょうか。

とは言え、日経賞でゴールドアクターが謎の凡走をしているので競馬に絶対は無いのは頭に入れておきたい。

2番人気はマカヒキ。父ディープ×母父ヴァイスリージェント系です。

若駒Sと弥生賞のパフォーマンスは父を彷彿とさせるものがありましたが、一世一代の大レースを制した代償は大きいようでダービー馬はその後なかなか大成出来ない事が多いです。

前走はフランス遠征帰り、サトノクラウン向きの力の要る馬場での敗戦なので、そこまで悲観する事は無いでしょう。

ですが阪神の小回り2000mは絶好の舞台とは言えず、後方一気の脚質では取りこぼしの可能性も高そうです。

3番人気はサトノクラウン。父欧州型ノーザンダンサー系×母父ミスプロ系。

中山の弥生賞、重馬場の京都記念で圧巻のパフォーマンスを見せているように、力の要る馬場でこその馬。

なので阪神2000mは適性的にはチャンスはありそうですが、サンデーの血を持たない馬が中距離G1でどこまでやれるか…がポイントになりそうです。

4番人気はアンビシャス。父ディープ×母父キングマンボ系。

前走はスローの流れで前を捕らえ切れず。昨年当レースでキタサンブラックを破っていますが、他頭数で後方からのレースになるとどうか。

母父キングマンボ系でタフな馬場も大丈夫でしょうけど、脚質的に信用したくないです。昨年の大阪杯で見せた先行策で安定していれば買いたかったですけどね。

5番人気はヤマカツエース。父キングカメハメハ×母父ロベルト系。

2000m重賞で安定の走りを続けていますが、G1ではパンチに欠ける印象。

有馬記念は通ったコースが功を奏したと思っているので、ここでは力及ばず私は買わない可能性が高いです。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

サクラアンプルールは初G1挑戦で、キンカメ×サンデーのG1血統。

前走激走の反動は心配ですが、人気とのバランスを見て買うかどうかの判断をしたいところ。

ミッキーロケットも前走は休み明け好走の反動と、馬場適性の差で悲観する必要は無し。

シャケトラ比較でも十分トップクラスと渡り合える力は持っているでしょうし、内枠で脚を溜めればチャンスあり。

モンドインテロは能力的に微妙そうですが、ディープっぽくないディープ産駒で適性的には合う可能性あります。

さすがに本命にするほど推せる材料は見つかりませんが、相手の一頭にはいれておきたいかな…という感じ。

以上です。

最近は前哨戦で堅いと思われる人気馬が取りこぼす場面が多いですが、今回はG1ですので各陣営の気合も一味違うでしょう。

強い馬が強いレースを見せるのか、伏兵がアッと言わせるのか。

G1で盛り上がるのは良い事だと思いますが、正直この時期にこのコースでやるのは考え直して欲しいですね。

株式投資のブログを始めました。

株式ですがギャンブル要素が高い売買をするのでは無く、将来に向けての資産形成を誰もが出来る方法で紹介していますので、興味ある方はご覧になってください。

米国株で成り上がる

スポンサーリンク

フォローする