【2017】阪神牝馬ステークス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神牝馬Sの傾向と展望です。

昨年から距離が1600mへと変更された当レースですが、ヴィクトリアマイルの前哨戦としての位置付けは変わりません。

今年は前哨戦で人気馬がよく飛んでいるので、ここも実績だけで過信しないように心掛けたいところです。

とは言え、舞台的には紛れにくいですけどね。

スポンサーリンク

阪神牝馬Sの展望

1400mの時と同じように考えるのも微妙なので、過去の傾向は気にせず、各馬の適性・ローテーションを重視したいと思います。

1番人気はミッキークイーン。父ディープの2冠牝馬です。

一級線相手の有馬記念でも見せ場十分の5着と、自力では断然でしょう。昨年も休み明けで好走しており、嫌うとしたら年齢くらいで私にはバッサリと切る理由が見つけられません。

2番人気はクイーンズリング。父マンハッタンカフェ×母父ダンチヒ系。

エリザベス女王杯を勝利したものの、鞍上の神騎乗っぷりが大きかった面があり、全幅の信頼は置きづらい。

とは言え特別嫌う要素もあまり無く、馬券から外すのも難しいですね。

3番人気はアドマイヤリード。父ステイゴールド×母父ミスプロ系。

一時期のスランプを抜け出し、完全に復調した実力馬。デビュー時は400kg前後だった馬体も、前走430kgまで増えており、本格化してきたと言えるでしょう。

ここ数戦は全て京都の軽い芝で結果を残しているので、阪神の馬場をこなせるかどうかがポイントですね。

こなせると信じて2強を倒す馬券を組み立てるのか、阪神では割り引いて馬券を組み立てるのかで取捨を感がる事になりそう。

4番人気はトーセンビクトリー。父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス。

前走は本命にして快勝。こちらも素質馬がようやく重賞制覇しました。

しかし強くなった…という感じではなく、まともに走れた結果の重賞制覇という感じで、アドマイヤリードほどの期待感は感じません。

阪神外回りでは切れ負けしそうな感じもしますね。

5番人気はデニムアンドルビー。父ディープ×母父キングカメハメハ。

長期休養明けから徐々に復調気配。阪神外回りなら存分に末脚を発揮出来るでしょう。

しかし7歳の牝馬なので大幅な上積みは期待しにくく、重い印は打ちにくいです。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

ジュールポレールは父ディープインパクトで、2走前にはアドマイヤリードに先着。

展開面で恵まれていましたが、好位からレースを運べるのは強み。人気が無いようなら血統の底力に期待して狙ってみるのも面白いです。

以上です。

う~ん、考えてみても上位陣は強力。魅力的な穴馬もあまり見当たらず、今のところ買うならジュールポレールから人気馬に当てるくらいしか考え付かないです。

株式投資のブログを始めました。

株式ですがギャンブル要素が高い売買をするのでは無く、将来に向けての資産形成を誰もが出来る方法で紹介していますので、興味ある方はご覧になってください。

米国株で成り上がる

スポンサーリンク

フォローする