【2017】ダイヤモンドステークス・京都牝馬ステークス・小倉大賞典

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は重賞が4レースも行われるため、予想に忙しくなる人が多くなるのでは無いでしょうか?

私は重賞とは言え、分からないレースにはあまり馬券を購入する気にはなりませんが、netkeibaの予想オッズ上位陣に対する見解を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ダイヤモンドステークスの展望

予想オッズ1番人気はアルバート。

父アドマイヤドン×母父ダンスインザダークで、アドマイヤドンはトニービンの血を持っているため、ミスプロ系でも長距離をこなせるタイプですね。

しかしミスプロ系らしくG1では一歩足りないものの、それ以外のレースでは基本的に堅実です。

ここもマイナス材料はさほど見当たらないため、むやみに消す事は難しそう。

2番人気はフェイムゲーム。

父ハーツクライで当レースを2連覇し、昨年は2着と抜群の適性を発揮しています。

ただし年齢による衰えは考慮したいところで、今年は人気ほどの信頼は置けないのでは、と考えています。

3番人気はカフジプリンス。

同じハーツクライならこちらの方が魅力的。エンジンの掛かりが遅いとあちらこちらで言われていますが、このマラソンレースなら好きなように走れるのでは無いでしょうか。

不器用さが成績を不安定にしているなら、ここは圧勝まであるんじゃないかと思います。

4番人気はファタモルガーナ。

母父エリシオの影響でディープ産駒には珍しい長距離タイプになっています。

9歳ながらさほどレースは使っておらず、まだまだ特殊条件では威張れる存在。

上位人気馬の中では位置取りに注文が付かない分、好走する可能性は高そうですが、勝ち切れるタイプでは無いのが成績からも分かります。

5番人気はジャングルクルーズ。

父ジャングルポケットは現役時代は東京の鬼でしたが、産駒は意外とそうでも無い馬が多いですね。

正直ここで5番人気はどうなの…?というのが率直な感想で、特に買いたいと思う要素はありません。

ここに挙げていない中で注目したいのはプレストウィック。

父はダイワメジャーですが、母方はノーザンダンサー×ネヴァーベンドとスタミナに富んだ血統で、この馬も実際長距離で走っています。

ダイワメジャー産駒という事で、長距離では人気になりづらいので注目の1頭です。

京都牝馬ステークスの展望

昨年から1400mになってレースですね。正直あまり馴染みのあるレースの条件を変更したりしないで欲しいのですけど…

金鯱賞とか時期が変わり過ぎて「あれ、こないだやってなかったっけ?」みたいな事がありますしね。

で、予想オッズ1番人気はアルビアーノ。

3歳時に同じコースのスワンSを古馬相手に快勝しているのでコース適性は問題無し。

しかし父ストームバード系は成長力に関してどうなの?という気もするので、人気でもあまり過信はしたくないです。

2番人気はアットザシーサイド。

父キングカメハメハ×母父アグネスタキオンで距離短縮は歓迎でしょうが、ちょっと過剰人気では?

脚質的にも信頼出来るタイプでは無いですし、実績的にも「強いから人気に」なっている感じはあまりしませんね。

3番人気はレッツゴードンキ

一時期のスランプからは脱出したように、近走は安定しています。

父キングカメハメハ×母父マーベラスサンデーで京都の軽い馬場よりは力の要る馬場の方が良いのかなとも思いますが、先週の京都はそれなりに時計の掛かる馬場になってましたので、ここもチャンスか?

4番人気はナックビーナス。

父ダイワメジャー×母父ヘイロー系で先行して押し切るレースで結果を出してきています。

軽い切れ味勝負になると分が悪いかも知れませんし、そもそも重賞レベルでは少し足りないような気もします。

5番人気はレッドアヴァンセ。

父ディープインパクトで兄弟には活躍馬多数の良血馬。その兄弟は基本的に綺麗な軽い京都の馬場を得意としています。

兄弟の活躍もあり、基本的に過剰人気になり気味の馬ですが、週末の馬場が回復していればこの人気なら狙っても良いかも。

割と上位人気馬は怪しいタイプが多いですね。

他に注目馬は昨年4着のスナッチマインド…は非常に相性の悪い馬ですので省略。

大穴候補としてエテルナミノルとダンツキャンサーに注目しています。

小倉大賞典の展望

小倉は先週そこそこ自信ありげに参加したものの、全くの見当違いの予想を連発してしまったので今週は控えようと思っています。笑

予想オッズ1番人気はマイネルハニー。

父マツリダゴッホ×母父ナリタブライアンと渋い血統です。

成績が示す通り切れないが先行してきっちり好走出来るので、3連系なら外せない人気馬ですね。

ただし展開に恵まれた馬などに先着される可能性高く、単系としての妙味は無いでしょう。

2番人気はベルーフ。

先週はベルーフ産駒が良く走っていたのでコース適性は問題無いです。

例年激流になりやすいレースなので、外枠でスムーズに加速できれば上位争いの可能性は高い。

が、脚質的に勝ち切れないタイプでもあり、不利を受ける可能性も高いのは考えておく必要があります。

3番人気はクラリティスカイ。

父クロフネ×母父スペシャルウィークで、ヴァイスリージェント系の出走例が少ないので、小倉芝1800で見てみるとあまり相性は良くなさそう。

私にはこの馬キャラもあまり分からないので、ちょっと買うには怖い馬です。

4番人気はフルーキー。

父ダンチヒ系×母父サンデーで実績はここでも上位です。

ほとんど広いコースでのレースに使われているので、500万下で勝利しているとはいえ、小回りがどうなのかがポイントでしょう。

それに加え、加齢による衰えも多少あるのでは。

5番人気はマルターズアポジー。

父ストームバード系×母父エーピーインディ系の米国血統ですね。

常に逃げている馬ですが、今回は同型もいるので予想以上にペースが上がる可能性もあるかも知れません。

すんなり逃げれてマイペースに持ち込めれば、ゼーヴィントに先着出来る事を証明しているので、それだけがポイントでしょう。

こちらも穴馬の台頭が十分有り得そうなメンバー構成。

結局重賞になるとディープ産駒が驚異的な強さを発揮するので、小回り実績のあるクランモンタナ・ケイティープライド・ダコール辺りが激走してしまうのか…?と妄想しています。

スポンサーリンク

フォローする