【2017】天皇賞(春)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017】天皇賞(春)の傾向と展望です。

近年はやや注目度が薄まってきた長距離G1ですが、今年は現役最強クラスの2頭が出走することで確実に盛り上がるでしょう。

馬券的には堅く収まりそうな気がしないでもないですが、過去の傾向と踏まえて穴馬を探していきましょう。

過去の傾向

調べてビックリ…

なんと過去10年で1番人気は未勝利どころか、3着が一度あるのみという悲惨な成績でした。

オルフェーヴルやゴールドシップ、キズナなども1番人気で沈んでいます。

一昔前は天皇賞(秋)で府中には魔物が潜んでいると言われていましたが、現在では淀に引っ越ししたようですね。

1番人気が絶不調ですが、2~5番人気は優秀で、穴馬もバンバン走っています。

ピンポイントで何番人気が好走しているから…という考え方は危険だと思いますが、1番人気がここまで走らないには何かしら理由はあるでしょうね。

私には確たる理由が分かりませんけど。(淀の3200mが特殊な条件だから、としか言いようがない)

一番強い特徴で言えば1枠が圧倒的に強いこと。

過去10年のうち1枠から優勝馬が5頭出ており、回収率も凄まじく、穴馬も走りまくっていることになります。

特に差し馬にとっては、外枠に入るだけで終戦モードにすらなり得るので枠順は重要です。

血統的にはディープインパクトが大苦戦。

とは言え、菊花賞も勝てなかったレースだったところをサトノダイヤモンドは圧勝したわけですから、このレベルの馬には関係ない話になりそうな気はします。

好走馬を多く出しているのはステイゴールドとハーツクライ、マンハッタンカフェも頭数は少ないながら穴をあけています。

やはり長丁場ではスタミナのあるTサンデー系が優秀ですね。

他に面白い傾向としてはミスキャスト・ヤマニンセラフィム・スキャターザゴールドなど、他のG1ではまず馬券にならないような種牡馬の産駒の好走実績があることです。

基本的には主流のTサンデー系が強いものの、地味な血統馬でもいつもと違う適性を求められることで突如大駆けするレースでもあります。

好走馬のステップとしては阪神大賞典・日経賞・大阪杯がほとんどです。

阪神大賞典組を分析すると、前走2~5着にそこそこ好走した馬は(0-0-2-27/29)と散々な成績。5番人気以内に支持された馬が10頭居たにも関わらずです。

狙うなら6着以下に大敗した馬で、今回内枠に入った馬のほうがオッズ的に面白いです。

阪神大賞典で1着だった馬は10頭中4頭が好走していますが、そのうち前走3角で出走馬の1/3頭以内に位置していた馬は4頭中3頭が馬券に。

逆に1/3頭より後ろだった馬は6頭中1頭しか来ていません。

今年はサトノダイヤモンドが3角では後方でしたが…そこから捲って4角では先団に取り付いています。

昨年のシュヴァルグランと同じような形なので、今回後方になり過ぎなければ好走する可能性は高いでしょう。

日経賞組を分析すると、好走馬のほとんどが前走連対した馬。そこでは先行していた馬よりも、差していた馬の方が好走率が高いです。

ただし、人気以上に好走した馬は1桁馬番が多く、人気を裏切るのは2桁馬番が多く、やはり枠の影響は大きいですね。

大阪杯組を分析すると、好走馬のほとんどは前走3着以内だった馬が(3-2-2-3/10)と極めて優秀。

その中ではこれと言って目立つ傾向はなく、単純にステップレースの中では最も距離が短く、疲労が少ない分有利なのかも知れません。

4着以下だった馬はほとんどが人気薄なので、傾向的に不利かどうかは言い切れませんね。

天皇賞(春)の展望

それではnetkeibaの予想オッズ順に考察していきます。

1番人気はキタサンブラック。

もはや説明は不要でしょう。血統の枠を超えた名馬です。

とにかくどの条件でも崩れず、武豊騎手がペースを握ればこれを捕らえるのは一筋縄ではいきません。

昨年と同じく大阪杯からのステップ。今年はG1へと昇格しましたが、それが今までの傾向にどう影響するか…

それだけがポイントになりそうです。

2番人気はサトノダイヤモンド。

父ディープインパクト×母父ダンチヒ系で、ディープ産駒の牡馬では過去最高傑作レベルです。

キタサンブラック同様、全く隙が無いレース振りで大外枠から全く内に入り込めないなどのアクシデントが無い限り、崩れるシーンが想像出来ません。

3番人気はシャケトラ。

父マンハッタンカフェ×母父サドラーズウェルズ系で、未だキャリア6戦の新鋭。

前走はG1馬を相手に1頭だけ目の覚めるような末脚を繰り出し快勝。

伝統のG2を連続好走しての疲労だけ気になりますが、血統的にも問題無し。

鮭なのか虎なのか分かりませんが、内枠なら2強の1角崩しも十分にあり得る、そんな期待をさせてくれる1頭です。

4番人気はシュヴァルグラン。

父ハーツクライ×母父ミスプロ系で、前走はサトノダイヤモンド相手に勝ちに行く競馬を見せたものの、逆に力差を見せつけられた形になりました。

昨年は位置取りの分で届かなかったと思えるくらい、G1でも勝てるチャンスは十分にあるレベルでしょう。

しかし今年は周りも強力ですし、自身が内枠で完璧なレースをしつつ、周りがロスの多い競馬をしてくれないと厳しいかなぁ…と考えています。

5番人気はレインボーライン。

父ステイゴールド×母父ヴァイスリージェント系で、中長距離界の善戦マンになりかけている馬です。

菊花賞2着ですが、他力本願な脚質的にあまり信頼は置けないタイプ。菊花賞も嵌った印象はあります。

内枠で一か八かのイン突きを決行すればチャンスはあるでしょうけど、外枠に入ればその時点で消す候補として考えています。

ここからは6番人気以下で気になる馬をピックアップ。

ゴールドアクターは昨年は大外でかなりのロスがあったため、適性が無いと言い切ることは出来ません。

むしろ近走はやや陰りが見えなくもないですが、人気が急落するようなら地力を考えると買っておくのが得策。

まぁ本命にするかと言われれば…そこまでの材料は見当たりませんけどね。

適性や能力的に…ということでは無いですが、ヤマカツライデンが玉砕覚悟の大逃げを打てば面白い存在になるかも知れません。

今年はキタサンブラックがいますし、サトノダイヤモンドを意識せず自ら動き出せば瞬殺されそうですが、サトノダイヤモンドを意識し過ぎることがあれば…

ビートブラックのような場内騒然のシーンも…ないかなぁ。笑

以上です。

馬券的には荒れてくれるほうが楽しみですが、2強の対決にシャケトラがどれだけ迫れるのかなどを考えると、強い馬が力を出し切るレースが見たいですね。

スポンサーリンク

フォローする