【2017】京王杯スプリングカップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる京王杯スプリングカップの傾向と展望です。

マイラーズCと並び、安田記念へ向かう馬が多数出走するこのレース。

本番とはあまり直結しないレースなので、ここに適性のある馬を探し出せれば本番と合わせて美味しい思いが出来るチャンスです!!

京王杯スプリングの傾向

人気別

過去10年、1番人気は不振。

2.3番人気も勝ち切れない馬が多く、中位人気の馬が1着になることが多いです。

だからと言って1番人気という理由で消すのは間違い。

基本的に人気になる馬は近走の着順が良いことが多く、直近の別競馬場で行われるレースとは求められる適性が違うということ。

中山や中京で好走してきた人気馬は危険と見るのは良いですが、それ以外の理由で人気になっている馬をむやみに消す候補とするのは良くないでしょう。

枠順別

枠的にはやや外枠優勢となっています。

しかし東京競馬場もどちらかに有利不利が出る状況が発生しやすいので、参考程度にして直近の傾向を重視するのが良いでしょう。

先週はさほど内外差がないフラットな状況だったと思います。

脚質別

脚質的には好位から中団あたりに付けられる馬が優勢。

とは言えそこまで目立った傾向もなく、こちらも例年の傾向よりも直近の傾向を見るほうが良さそう。

今年で見てもディープ・キンカメ産駒がしっかり走っているので、直線で末脚を発揮できるタイプが走りやすい状態であると言えます。

血統別

サクラバクシンオー産駒が、人気薄で過去3頭馬券になっているように、スプリント色が強いレース。

一方、勝ち馬こそいませんが、Tサンデー系が複勝回収率で優秀な成績を収めています。潜在的なスタミナを持つものの、気性が前向きで短距離を走るような馬も狙い目。

古馬のレースらしく、ピークの早い米国型ノーザンダンサー系やミスプロ系は苦戦傾向です。

過去レース別

前走高松宮記念

最も出走数が多いのが高松宮記念組。

そこで3着以内に好走した馬は7頭中1頭しか馬券になっていません。しかも6頭が1番人気に支持されていたにも関わらず、です。

単純に前走で一度ピークに仕上げてきた反動が出ていると考えてよいでしょう。

逆に4着以下に敗れた馬は25頭中7頭が馬券に。

その中でも4角で9番手以内だった馬は10頭中4頭が馬券になり、特に2走前好走(3着以内)→前走凡走というタイプなら5頭中3頭が好走。

4角10番手以下だった馬は15頭中3頭しか馬券になっておらず、好走したのは前走で僅かに届かなかったタイプで、1着と0.5秒差以内だった場合5頭中3頭が馬券になっています。

前走ダービー卿チャレンジトロフィー

25頭出走して馬券になったのは僅か3頭。

特に前走で人気以上で走った馬は19頭中1頭しか好走しておらず、反動がきついローテーションと考えられるでしょう。

前走人気を裏切ったタイプは5頭中2頭が馬券になり、狙うならこのタイプ。

前走1番人気1着だった馬は1頭だけですが、今回5番人気5着と可もなく不可もなく。相手次第では抑えても良いタイプだと思います。

前走マイラーズカップ

21頭が出走して4頭が馬券になっていて、相性は良くないですね。

前走5着以内だった馬は8頭中1頭しか馬券になっていませんが、そのほとんどが人気以上に好走して反動が出たと言えます。

前走6着以下に負けていた馬は13頭中3頭が馬券に。

前走着順が人気を上回っていた4頭は全て馬券外で、前走人気を裏切った馬と人気通りに走っていた馬なら9頭中3頭が好走と確率が上がります。

前走その他のレース

相性が良いのは前走東京新聞杯組で5頭中4頭が馬券に。

昨年は出走馬がいませんでしたが、それまで4年連続で好走馬を輩出。

間隔が空いているのでそれまで連続好走していた好調馬が、反動なくそのまま好走しやすいステップとなっています。

阪神牝馬ステークス組も人気以上に好走する馬を出しており要注意です。

そして最も狙い目になるのが今回昇級となる前走準OP戦を勝ち上がった馬

14頭中4頭が馬券になっていて、率的には3割にも満たないですが、ほとんどが人気薄であることを考えると驚異的な好走率。

さらに距離延長馬を除けば9頭中4頭が好走と、もはや全て買っても十分なリターンが見込めるステップです。

前走より遥かに強い相手となるので、前走が短い距離よりも長い距離を走っている方が体力的なアドバンテージとなるのでしょう。

京王杯スプリングカップの展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はサトノアラジン

父ディープ×母父ストームバード系で、昨年の覇者です。

暮れの香港マイル以来ですが、休み明けも苦にしないタイプで昨年同様に瞬発力勝負になれば当然上位争い。

しかし脚質的に不安定なタイプなので、飛べばラッキーと考えるほうが良いでしょうか。

2番人気はレッドファルクス

父ミスプロ系×母父サンデーサイレンスで、前走は高松宮記念3着、過去の傾向で言えば3着以内に好走した馬は危険な人気馬になります。

しかし唯一馬券になったスズカフェニックスは高松宮記念1番人気で3着と、力を出し切れなったタイプであると考えると、同じく1番人気3着だった当馬も好走する可能性は十分。

まだ今年の2戦目という点も、疲労が少なく好走出来るチャンスは高くなると思います。

3番人気はロサギガンティア

父Pサンデー系×母父ボールドルーラー系で、前走阪急杯は2番人気で9着。

血統的に不安はありませんが、どうにも人気が落ちないタイプでリスクとリターンが釣り合わないと思います。

オッズ次第で抑えるかどうかを考える程度ですかね。

4番人気はキャンベルジュニア

父欧州型ノーザンダンサー系×母父ダンチヒ系で、前走ダービー卿CTは1番人気2着。

人気を裏切ったパターンですが、前走は中2週と間隔が詰まっていたことを考えるとそれなりに疲労は出てもおかしくはない。

瞬発力では劣る血統で、昨年のような流れならサンデーやキンカメの血を持つ馬に捻られる可能性が高そうです。

5番人気はトーキングドラム

父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンスで、前走高松宮記念は10番人気6着。

2走前の阪急杯で7番人気1着と激走→高松宮記念凡走はここで巻き返す可能性が上がるパターンです。

しかし中途半端に10番人気で6着と頑張った分、疲労が残っていても…どうせなら惨敗しているほうが狙いやすかったかな。

これもオッズ次第ですが、評価を上げる可能性は十分にあります。

それでは6番人気以下で気になる馬を。

トーセンデュークは好相性の前走準OP勝ち馬。

前走で超高速馬場をこなしていますし、格負けしないディープ産駒の初重賞戦と鮮度も高い。

母系がちょっとスタミナ寄りなのが気になりますが、人気がないようなら狙ってみる価値はありそうです。

ブログ村ランキング上位に登録されているブログに関して考察しています。

上位にも関わらず読者にとって有益なブログが少ないことは非常に問題だと思います。

スポンサーリンク

フォローする