【2017】中山記念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週から中山・阪神に舞台が変わります。

開幕週という事で内枠・先行馬が有利になりそう…ですが、近年は馬場造りの影響で開幕から差しが決まる傾向が見られます。

伝統のG2中山記念は少頭数ながらもG1馬4頭が参戦するなかなかのメンバー。秋華賞馬ヴィブロスは古馬相手に通用するのか?

スポンサーリンク

過去の傾向

実績馬が多く出走する事もあり、過去10年のうち8回が単勝オッズ7倍以下の馬が勝利。

しかし3着以内30頭中10頭が単勝オッズ10倍以上の馬が走っているので、堅めですがガチガチというほどでもないようです。

枠的にはあまり頭数が揃わない年も多いですが、やはり内枠有利な傾向は出ています。

基本的には内>外で考える方がよいでしょう。(小倉大賞典も内枠有利で今年は外枠決着でしたが、長期的に見ると内を狙う方が良いと思います)

血統的にはサンデー系が中心も、欧州型ノーザンダンサー系が大健闘。

不良馬場の年にオペラハウス産駒の大穴ワンツー決着で回収率が跳ね上がっていますが、それを抜きにしても優秀です。

ディープ産駒は未だ未勝利…今年は有力馬にディープ産駒が多いですがどうなるでしょうか。

前走G1出走組がやはり好走率が高いですが、負けすぎている馬は割引。ただし小回り重賞で実績ある馬なら侮れません。

過去10年の好走馬30頭全てが単勝50倍以内ですが、その中でも期待値が高いのは前走6着以下に負けていた馬。(G1以外)

前走人気より着順が下回っていた馬(力を発揮出来なかった馬)の回収率は非常に優秀です。

中山記念の展望

それではnetkeibaの予想オッズ順に考察していきます。

1番人気はアンビシャス。

父ディープで常に人気になるタイプです。

昨年の当レースではドゥラメンテに迫る豪脚で2着。次走大阪杯ではキタサンブラックを破るなど、実力は現役屈指なのは間違いありません。

血統的にはディープ産駒でも母父が重厚なので力の要る馬場が得意でもおかしくないでしょうし、中山も悪くはないはず。

しかしディープ産駒の牡馬は年齢を重ねるとあまり人気で買いたくないので、オッズ次第で抑えるかバッサリ切るかの扱いになると思います。

2番人気はリアルスティール。

こちらも父ディープインパクトで母父はスピードタイプのストームバード系です。

アンビシャスより器用に立ち回れそうですが、中山が得意とは思えません。JCのパフォーマンスを見てもそこまで強い存在では無いでしょうし、好走出来なくても不思議無いです。

3番人気はツクバアズマオー。

父ステイゴールド×母父ストームバード系で中山で連勝してきており、適性は十分でしょう。

ただし戦ってきたメンバーがメンバーですし、追込み脚質はプラスとは言えません。立ち回りの上手い馬を捉えきれず4~5着というパターンも。

4番人気はネオリアリズム。

父ネオユニヴァース×母父リボー系で瞬発力<持続力と言ったタイプでしょうか。

札幌記念でいきなりの逃げでモーリスを撃破、マイルCSでもミッキーアイルに寄られながらも3着確保と元々持っていた才能が開きました。

前走は激走の疲れもあったでしょうし、今回は上位争い出来る可能性が十分あると見ています。問題は掛かりやすい気性ですかね。

5番人気はロゴタイプ。父が欧州型ノーザンダンサーで戦績が示す通り中山適性は抜群。

上がりが速すぎると厳しいですが、上りが掛かる展開ならまだまだこのコースでは威張れるでしょう。普通に考えたら3番人気だと思うんですけど…

ここからは5番人気以下の馬たちを少し。

ヌーヴォレコルトは全盛期は過ぎたと思いますが、内枠で溜めればまだやれそう。

ヴィブロスは意外と人気にならないのでしょうか。姉とは違い追込み脚質なので外伸び馬場なら怖いですが、今回は微妙そう。

マイネルミラノは自分のペースで走れるか否かに掛かっているでしょう。私にはこの馬の好走ポイントが良く分かりません。

もう一頭の欧州型ノーザンダンサー系のクリールカイザーは1800mへの対応がカギでしょうか。中山非根幹距離重賞の実績から一発あっても。

以上です。

中山でディープ産駒が人気ならどうしても抵抗したくなるクセが抜けません。笑

スポンサーリンク

フォローする