【2017】アーリントンカップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日に行われる3歳限定重賞アーリントンCの傾向と展望です。

一昨年は◎ネオスターダムで大本線的中が目前だったところ、いきなり内ラチにぶつかって減速し馬券外になるという悪夢を見たレース。そんなとこまで兄弟似るなよ…と心底思ったレースでした。(兄のトーセンスターダムはダービーで内ラチ特攻)

スポンサーリンク

過去の傾向

なかなか荒れ模様のレースです。

1600m以上で実績を残す馬が人気になりやすいですが、実際好走するのは1400m以下に実績があるタイプが多いです。ダートの実績(短距離)がある馬にも注意が必要。

枠的に8枠の好走が多いですが、少頭数だった年もあるために基本的には内有利です。

血統的にはロベルト系やミスプロ系など、マイル戦らしからぬ種牡馬が通用しているのが特徴的。特に母父ナスルーラ系が大活躍しています。

前走から距離短縮の馬はかなり苦戦しています。その分同距離・延長馬が優秀。スピード色強いレース質という事でしょうか。

アーリントンCの展望

それではnetkeibaの予想オッズ順に考察していきます。

1番人気はペルシアンナイト。

父ダンチヒ系×母父サンデーサイレンスで、マイル以上にしか実績が無い典型的危険馬のタイプですね。

ハービンジャー産駒なので阪神替わりは良いでしょうが、ここではスピード負けしそうな予感。

2番人気はキョウヘイ。

父リーチザクラウン×母父Tサンデー系。

前走は低評価を嘲笑うかのような見事な末脚でしたが、展開が嵌った感も強く、人気で信頼出来るレベルでは無いでしょう。

3番人気はヴゼットジョリー。

父サドラーズウェルズ系×母父サンデーサイレンス。ローエングリン産駒はサドラー系でもスピード色が強いですね。

新馬で1400mを勝利しているので、好走資格は満たします。後は力関係ですが、人気で信頼出来るほどのインパクトは無く抑え程度が妥当か。

4番人気はディバインコード。

父Lサンデー系×母父ミスプロ系で1400m実績もあり、先行するスピードも持っているため魅力があります。

前走のレベルもそれなりだったので、人気馬の中では一番買いたいと思える馬です。

5番人気はミラアイトーン。

父ターントゥ系×母父マッチェム系の渋い血統。

父Lonhroは全く聞いた事無い種牡馬ですが、調べてみるとダートで勝ち星を挙げている産駒がいます。と言ってもほとんどいないんですけど。

前走1400mで勝利していて、母父ティズナウは米国の名馬。ダートもこなすパワーも備えているので舞台適性も高そう。

懸念材料は鞍上の武幸四郎Jが引退となるので、過剰に人気しないか…というところです。心情的には勝って欲しいですけどね。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

レッドアンシェルはマンカフェ産駒でいきなりのG1挑戦は合わないため、ここは巻き返す可能性十分。

以上です。

今年も中~下位人気馬に面白そうな馬がいるので荒れる要素は十分なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする