【2017】チューリップ賞

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日に行われる牝馬クラシック第一弾、チューリップ賞の展望です。

桜花賞への最重要ステップである当レース、今年も上位2頭はかなり強力な存在でしょう。

スポンサーリンク

過去の傾向

桜花賞と同条件で行われますが、好走馬のパターンは若干変わります。それはチューリップ賞が開幕2週目に対して桜花賞は開催後半に行われる為。

実際桜花賞では圧倒的外枠&差し有利になりやすいのに対し、チューリップ賞では内~中枠や逃げ馬の善戦も目立ちます。

血統的にはクラシック血統がそのまま良く走っています。

母父欧州型ノーザンダンサー系の好走数は多いですが、ほとんどが人気馬で実力上位だった馬。それよりも母父米国型ノーザンダンサー系の方が好走率・回収率の面では優秀です。

前走阪神JF組が圧倒的に強いものの、未勝利・条件戦からの参戦でも通用します。その際のポイントは前走上がり上位だったかどうか。

やはり直線の長い阪神なので、しっかりとした末脚を使っている馬が期待出来るようです。

チューリップ賞の展望

それではnetkeibaの上位人気馬を考察していきます。

1番人気はソウルスターリングで父サドラーズウェルズ系×母父スターリング系。

よくこの血統が日本で通用するなぁと感心します。欧州に行けばもっと強いんじゃないでしょうか。

前走はそれまで経験の無かった厳しい流れもあっさりと克服し、改めてポテンシャルの高さを発揮。正直ここは逆らう必要は無いかなと思います。

まぁ先週の例もあるので、トライアルという事で絶対視はしたくないですけどね。

2番人気はリスグラシューで父Tサンデー系×母父ネイティヴダンサー系。

前走は出遅れに加え、ソウルスターリングと通ったコースの差もあるのでまだまだ勝負付けは済んでいません。

ハーツの成長力を考慮するとあっさり逆転もあり得そうですが、スタートの不安もあるのでどうなるでしょうか。馬券的にはこちらも切る要素は特に見当たらず。

3番人気はミリッサで父Pサンデー系×母父欧州型ノーザンダンサー系。

シンハライト・リラヴァティの妹という事で注目を集めていますが、上位2頭に比べると1枚落ちる上にやや過剰気味な印象。

姉が2頭とも馬券になっているので上位3頭で決まる可能性もあり得そう(統計的に1~3番人気が上位独占する可能性は7%前後)ですが、上位2頭を買うとなると馬券的に切る事になりそうです。

4番人気はダノンディーヴァで父ディープ×母父ロベルト系。

これはディープ産駒という事で人気になっているのでしょうか?本当に4番人気になるなら全く買いたいと思う要素が無いのでバッサリ。

5番人気はアロンザモナで父ミスプロ系×母父ネヴァーベンド系。

サンデーの血を持っていないのでかなり割引いて考えたい。過去サンデーの血を持っていない馬で好走しているのは、それまでに実績を残している馬でしたが、当馬の実績では少し物足りないですね。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

カワキタエンカは父ディープ×母父ヴァイスリージェント系で血統的にはここでも十分通用。先行力もあり、賞金も足りない事から本気度は高いでしょう。

エントリーチケットもG1では足りなそうですが、トライアルなら先行して残る可能性も。

以上です。

人気2頭は強力なので、2頭+穴馬1頭に期待するか、どちらか1頭がポカをする事に期待するか…もしくは先週のように2頭ともポカで大荒れとなるのか?

賞金は足りてるので2強が”絶対”でも無い事は頭の片隅に置いておきたいですね。

スポンサーリンク

フォローする