【2018】天皇賞(秋)の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる天皇賞(秋)の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

天皇賞(秋)の傾向

スタートしてすぐにコーナーがあるため、頭数が増えるほど外枠が不利になります。

また、直線が長く鋭い末脚を使える実力馬が揃うため、逃げ馬も苦戦傾向。勝ち馬の多くは中団から末脚を伸ばすタイプになっています。

ディープ産駒は出走数が多いものの、好走率・回収率ともに奮いません。その中でも狙うなら、前走から延長ローテで、人気以上に走らずに疲労の少ない馬が好成績です。

他にはキングズベストやジャングルポケット、ミラクルアドマイヤ、スクリーンヒーローにグラスワンダーなど、スタミナ豊富な非サンデー系も多く馬券になっています。

宝塚記念からの直行組は、前走3着以内に好走している馬はまずまずですが、後方から競馬をしていた馬だとややリスクが上がりそうです。勝ち切れないことも多く、人気になりやすいこともあり回収率はイマイチです。

凡走組で巻き返したのは、キタサンブラック・レインボーライン・ジェンティルドンナ・スクリーンヒーローで、レインボーラインを除く3頭は古馬の王道G1勝利実績がありました。

各路線から好メンバーが揃う一戦ですから、前走がG1とて凡走している馬では簡単には通用しないということでしょう。

近年で最も好走馬が多いのが毎日王冠組で、中でも上がり2位以内だった馬の回収率が高いです。上がり上位で勝ち負けまで持ち込んだ馬は勝ち切る可能性も高く、勝ち負けに加われなかった馬は複穴として面白そう。

上がり3位以下で馬券になったのはウオッカ・エイシンフラッシュのダービー馬に、イスラボニータ・ステファノスのマイル戦の実績のあった馬。ただ、末脚が重要なレースなのでピンポイントで狙うには厳しいタイプではあります。

逆に、近年は極端に不振なのが京都大賞典・オールカマー組です。

過去10年では両レース合わせて42頭が出走し、わずか1頭しか好走していません。とはいえ、そもそも上位人気に推されている馬がほとんどいません。今年はダービー馬が該当するローテですが、大きく割り引く必要はないのではないでしょうか。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・スワーヴリチャード

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 安田記念 1番人気3着

前走は初のマイル戦での超高速決着にもかかわらず、人気は裏切ったものの自力の高さを見せ付けた3着でした。

JC・有馬を見据えて100%の仕上げにはないとは思いますが、全く嫌う要素は見当たりません。

・レイデオロ

血統 キングマンボ系×ロベルト系

前走 オールカマー 1番人気1着

アルアインの勝ちパターンかと思われた前走は、着差以上に余裕のある勝ちっぷりでした。こちらもこれと言って嫌う要素が見当たりません。

・マカヒキ

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 札幌記念 1番人気2着

前走で久々に連対をしましたが、成長力という点から見ても上位2頭には劣る印象です。スペシャルウィークで強烈な末脚を引き出した鞍上が、ここでも何かやらかしてくれることに期待しましょう。

・サングレーザー

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 札幌記念 2番人気1着

安田記念こそ鬼門のローテで後れを取りましたが、前走は久々の2000mでもダービー馬をねじ伏せての勝利。

勢いもあり鞍上も強力ですが、試験に落ちた鞍上のメンタル面が唯一の不安要素でしょうか。

・キセキ

血統 キングマンボ系×ディープ系

前走 毎日王冠 6番人気3着

前走は流れ的に有利な展開で、能力面では一枚落ちそうです。ただ、高速上がり勝負に実績もあり、そういったレースの方が向いている可能性もあるかも知れません。

・アルアイン

血統 ディープ系×エーピーインディ系

前走 オールカマー 3番人気2着

ディープ産駒でも高速上がりより持続力を活かすタイプ。ここでは切れ負けする可能性が高く、軽く凡走して人気を落とした有馬記念が面白いかも。

・ミッキーロケット

血統 キングマンボ系×ヌレイエフ系

前走 宝塚記念 7番人気1着

前走は上手く立ち回ったとはいえ、まさか勝つとは思いませんでした。

ほとんど大崩れなく走ってはいましたが、もどかしいレースが続いていただけに非根幹距離のG1がマッチしたのでしょうか。

裏を返せば、王道の根幹距離G1ではやはり足りない…ということでしょう。

・ヴィブロス

血統 ディープ系×ミスプロ系

前走 宝塚記念 3番人気4着

前走はスタートして掛かり気味に追走し、1.3着馬が内々を通ったのに対して外目を回った分を考えれば強い内容だったと言えるでしょう。

昨年のエリ女でも掛かる面があったので、距離が短くなるのは歓迎でしょう。過去のディープ牝馬に比べるとスケール感は劣りますが、一発あっても不思議はなさそうです。

ステファノス

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 毎日王冠 8番人気4着

前走は先行有利な流れで、頑張ってはいますが以前に比べるとやはり衰えは否めません。

・ダンビュライト

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 オールカマー 2番人気3着

末脚勝負では分が悪く、ここでは厳しいのではないでしょうか。

総評

今年の天皇賞は堅く収まる可能性が高そうです。

見応えのあるレースになることを期待しましょう。

アルテミスステークスの傾向です。

【2018】アルテミスステークスの傾向
今週末に行われるアルテミスステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 アルテミスステー...

スワンステークスの傾向です。

【2018】スワンステークスの傾向
今週末に行われるスワンステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 スワンステークスの傾...
スポンサーリンク

フォローする