競走馬に関する基礎知識

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競馬初心者向けのコーナー、今回は競走馬に関する基本的な内容をお届けします。

スポンサーリンク

競走馬の名前

JRAの競走馬は、2~9文字の間で名前を付けるようになっています。

(例)
ディープインパクト

ダイワスカーレット
ジョンカラノテガミ
キンタマーニ (実在します)

ディープインパクトは競馬を知らなくても名前は聞いたことがあるという人も多いでしょう。JRAの史上最強馬候補として大活躍しました。

また馬主の中には「冠名」(かんむりめい・かんめい)を使用する方もいらっしゃいます。名前の一部に同じワードを使うことで、自分の所有馬であることを強調することにもなります。

例に挙げた馬で赤文字になっているのが冠銘で、ダイワで始まる名前の馬は同じオーナーであることが分かります。

中にはユニークな名前を付ける馬主もいて、〇〇カラノテガミには「パリカラノテガミ」や「オヤジカラノテガミ」など命名されています。

基本的に同じ名前は登録できませんが、過去に使用された馬名でも登録抹消されてから何年か経てば、再び登録できるようにもなっているようです。

ヒシ」という冠名を使用している馬主が、同じ馬名を3頭に命名したケースもあります。その馬は「ヒシマサル」という名で、初代が1950年代に、2代目は1990年代に、そして3代目ヒシマサルは2014年に産まれ、2018年現在も現役で登録されています。

私はダビスタというゲームで2代目ヒシマサルとよく対戦していましたね。(なかなか手強い馬でした)ちなみに、ヒシマサルの馬主も同一人物ではなく代を重ねています。

競走馬の性別

競走馬の性別は以下のような呼ばれ方をします。

・オス…牡馬(ぼば)

・メス…牝馬(ひんば)

・どちらでもない…騸馬(せんば)

騸馬とはいわゆる去勢された馬のことですね。馬によっては気性が激しすぎてレースで力を発揮できないということがあります。

この症状が酷すぎるときに去勢をすることで気性が穏やかになり、本来の能力を発揮できるようになる…という説もありますが、真相は分かりません。

しかし本来サラブレッドには子孫を繁栄させるという大きな使命があり、競馬にはその優秀な血を選別するという意味合いもあるのです。

そのため騸馬には一部の大レースに出走できないなどの制限もあり、引退後に種牡馬となることもできないので、他の馬よりも高齢までレースで走ることも多くなります。

競走馬の年齢

競走馬は産まれた年を「0歳」として、何月に産まれても年が明ければ1歳、2歳と表記上の年齢が加算されます。年齢によって以下のような呼ばれ方をすることもあります。

・若駒(わかごま)…主に2~3歳初旬

・古馬(こば・ふるうま)…4歳以上

競走馬としてピークを迎えるのは4~5歳頃が一般的です。

成長度合いによって早い時期から活躍する馬を「早熟」、逆に遅い時期になって力を発揮する馬を「晩成」と呼びます。

アメリカ競馬では2歳からバリバリ走らせる傾向があり、米国血統の馬は日本でも早くから活躍することが多いです。2.3歳戦は米国血統を狙うといった予想法もあるくらいですからね。

また競走馬も人間と同じく、牝馬の方が成長が早い傾向があります。2歳戦では牡馬牝馬の体力差はあまり見られず、徐々に牡馬の方が体力的に有利になっていきます。とは言え、近年では古馬になっても牡馬を圧倒する牝馬も増えてきており、ここでも人間と同じく女性が強くなっているようです。笑

新聞などには性別と年齢は「牡3」などと表記されており、この場合は牡馬の3歳ということが分かります。「牝4」なら牝馬の4歳ですね。これを見れば同じ年齢同士で走っているのか、世代の違う馬が一緒に走っているかも分かります。

馬の毛色

競走馬には大きく8種類の毛色が存在します。

鹿毛

鹿毛(かげ)は一般的にイメージされる馬の毛色で、最も多い毛色です。

代表馬はディープインパクトやシンボリルドルフ、ジェンティルドンナなどがいます。

黒鹿毛

黒鹿毛は鹿毛よりやや黒い毛色です。

代表馬はナリタブライアン・スペシャルウィーク・エルコンドルパサーなど。黒と言っていますが、実際はもっと黒っぽい毛色が存在します。

青鹿毛

青鹿毛は青というより黒に近い毛色です。もはや青なのか黒なのかよく分かりません。

代表馬はサンデーサイレンス・キズナなどです。

青毛

青毛は黒いです。笑

代表馬はシーザリオや松崎しげるなど。青毛の有名な馬は少ないですが、恐らく青毛自体あまり数が多くないと思われます。

栗毛

栗毛(くりげ)は非常に綺麗な黄褐色の毛色です。たてがみと尻尾が金色のように見える「尾花栗毛」はまさに芸術と言えるでしょう。尾花栗毛で有名なトウショウファルコという馬は、競馬界きってのイケメンと言われています。笑

代表馬はオルフェーヴル・タイキシャトル・グラスワンダー・トウショウファルコなど。

栃栗毛

栃栗毛(とちくりげ)は栗毛に比べるとやや茶色っぽい毛色です。青毛同様、それほどこの毛色の競走馬は多くいません。

代表馬はマーベラスサンデーです。

芦毛

芦毛(あしげ)は灰色っぽい毛色で、歳を重ねるにつれて白くなっていきます。「冬は芦毛」という格言がありますが、冬場に強いかどうかの真相は定かではありません。現役時代と引退後では毛色が全く違って見えるので、面白くも不思議な毛色ですね。

代表馬はオグリキャップ・ゴールドシップ・クロフネなどです。

白毛

白毛は芦毛とは違い、産まれたときから真っ白な突然変異です。なぜ白くなるのかは不明だそうで、白毛からは白毛が産まれやすいともされています。

代表馬はシラユキヒメ・ユキチャン・ブチコ・マシュマロなどです。

まとめ

ここで紹介した内容は知らなくても競馬はできます。

しかし色々と知っている方が楽しみは増えると思いますので、他の初心者講座もご覧になって競馬を一層楽しめるようになっていただければ嬉しい限りです。

競馬のレースに関する記事です。

レースに関する基礎知識
競馬初心者向けのコーナー、今回はレースに関する基本的な内容をお届けします。 競馬のコース JRAの競馬では「芝」「ダート」「障害」コース...

競馬では出走馬のレベルが拮抗するようにクラス分けがされています。

クラス分けの基本情報
競馬初心者向けのコーナー、今回は競馬で行われるレースのクラス(レベル)についてお届けします。 初心者にとって目の前で行われているレース...
スポンサーリンク

フォローする