【2017】東京スポーツ杯2歳ステークス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる東京スポーツ杯2歳ステークスの傾向と展望です。

東京スポーツ杯2歳Sの傾向

過去の傾向では逃げ馬には厳しいレース。

まぁ超絶ドスローにでもなれば話は別ですが、基本的に素質馬が集りやすいレースで瞬発力が求めれる可能性が高く、逃げ馬には厳しいでしょう。

やはり中心はサンデー系ですが、意外にもミスプロ系の活躍も目立ちます。

ただ、サンデー系に比べるとその後大成している馬はおらず、ここは完成度の高さで勝負になるとも言えます。

前走新馬

新馬組は59頭中16頭が好走、もちろん全て1着馬です。

圧勝していれば良いという訳でもなく、不振なのは短縮馬。

サンプルが少ないのではっきり言えませんが、流れの違いに戸惑う危険性は高くなるでしょう。

延長馬は前走3角で7番手以降だった馬の好走はなし。

1番人気でも2頭消えています。

3角6番手以内だった馬は20頭中7頭が好走し、前走では全て上位人気に推されている素質馬でした。

同距離馬は前走上がり最速とそれ以外で顕著に差が出ます。

前者は13頭中6頭が好走、特に好位から上がり最速を使ったタイプは能力的に十分高い可能性があります。

今回も人気になりやすいので、軸にするなら信頼度は高いでしょう。

後者は13頭中3頭しか好走していません。

好走した3頭は全て中央の競馬場で走った馬で、ローカル競馬場で走った馬はレベル的に厳しい可能性があります。

前走未勝利

未勝利組は55頭中9頭が好走。

前走1番人気だった馬が29頭中8頭、2番人気だった馬が7頭中1頭、3番人気以下だった馬は19頭中好走馬なしです。

未勝利組では短縮馬も好走例が多く、穴馬も走っています。

新馬からの直行よりも、キャリアを積むのが有利なレースとも言えそうです。

前走500万下

500万下組は45頭中5頭が好走、好走馬は全て前走1着馬です。

前走1着馬に限ると16頭中5頭が好走、しかしそれまでに複勝圏を外したことがある馬の場合、極端に好走率が下がります。

狙うなら、ここまで連対を外していない力のある馬が良いでしょう。

前走OP

OP組は71頭中20頭が好走。

連対馬は34頭中16頭が好走し、前走3角5番手以内だった馬が好走率・回収率ともに優秀。

逆に6番手以降だった馬は人気馬しか走らず、なおかつ勝ち切れていません。

3~5着馬は23頭中3頭が好走し、3頭は全て前走2番人気以内の素質馬でした。

安定感は高いとは言えないので、軸にするには他にも狙い目を見付ける必要がありそうです。

6着以下だった馬は14頭中1頭が好走し、能力的に厳しい馬が多そうです。

一応、それまでにOP特別以上で好走(3着以内)歴があった馬に関しては、ここでもある程度走っている馬もいるので注意しておく必要はあります。

東京スポーツ杯2歳Sの展望

netkeiba上位人気の考察

1番人気はワグネリアン

父ディープインパクト×母父キングマンボ系で、前走はOP特別を1番人気1着。

過去2戦のインパクトは強いですが、まだ厳しいレースを経験していないのは今後の課題となりそう。

まぁ今回も少頭数で直線だけの競馬になれば問題なく走るでしょう。

ただし、過去の傾向からすると勝ち切れない可能性も十分あります。

評価:B

2番人気はルーカス

父ロベルト系×母父サドラーズウェルズ系で、前走は新馬を2番人気1着。

モーリスの全弟です。

前走は捲って上がり最速で楽勝だったように、重賞でも通用しそうなポテンシャルはあるでしょう。

スクリーンヒーロー産駒は非根幹距離にも強く、上がり勝負でサンデー系にどれだけやれるかがポイントです。

評価:B

3番人気はシャルルマーニュ

父Lサンデー系×母父プリンスリーギフト系で、前走はOP特別で4番人気2着。

先行できるセンスで堅実な成績を残しています。

前走の馬場を走った反動がどれだけあるかが心配ですが、上位に来る可能性は十分考えられます。

評価:B

4番人気はコスモイグナーツ

父キングマンボ系×母父Tサンデー系で、前走はOP特別を6番人気1着。

前走は超特殊馬場でまんまと逃げ切り。

再現性が高いとは思えず、普通の馬場では切れ負けする可能性が高いと見ます。

評価:D

5番人気はゴールドギア

父キングマンボ系×母父Tサンデー系で、前走は新馬を1番人気1着。

前走時の東京では比較的差し有利な馬場で、直線では左右にフラフラする場面もありました。

追い出すのをかなり待っていたように、着差以上に力はあるかも知れません。

距離が伸びて良いかどうかも微妙ですし、オッズと相談しながら扱いを考えたい。

評価:C

注目馬ピックアップ

いません。笑

今年のメンバーでは流石に人気馬に逆らうのは厳しそうです。

将来のスター候補を見るレースになりそうですね。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする