競馬は後入れの偶数番が有利である

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競馬は後入れの偶数番が有利…と聞いたことがあるでしょうか?

競馬では、奇数番が先にゲートに入り、偶数番は後から入ることになります。

ただし、大外枠の馬は、奇数番でも一番最後に入ります。

果たして、ゲートに入る順番が違うと、本当に成績に影響するのかどうか、どれだけ回収率に影響するのかを、過去のデータから調べてみました。

スポンサーリンク

馬番による回収率の違い

こちらは、2011年~2016年のデータです。

ご覧のように、好走率・単複回収率どちらにおいても、偶数の方が好成績となっています。

また、奇数より大外枠の方が成績が良くなっています。

そんな差ないやん…

と思われましたか?

そうなんです。

勝率では、偶数番と奇数番でわずか0.5%の差、200回に1回の違いでしかないんですね。

回収率でも、8%の差しかありません。

しかし、競馬で勝つためには好走率はあまり気にする必要はありませんが、回収率が8%違うということは、大きな意味を持ちます。

回収率8%の差は、1万円なら800円の差でしかありませんが、100万円なら8万円もの差になります。

つまり、賭ける金額が大きくなるほど、影響が大きくなるわけですね。

これは、少額でしか買わない人にとっても無関係ではありません。

少額でも、長く競馬を続ければ投資額は次第に大きくなっていきます。

すると、僅か数%の差で、収支は大きく変わってくるということです。

なぜ偶数番が有利なのか?

データからも偶数番が有利なことは分かりましたが、なぜ偶数番が有利になるのでしょうか。

一説によると、馬は常に胃潰瘍と言われるほどストレスに敏感な生き物だそうです。

そのため、狭いゲート内で待たされるのは、馬にとっては大きなストレスです。

ストレスを抱えた馬はイライラし、イライラすれば出遅れたり、競馬で力を発揮しづらくなる可能性が高くなります。

実際どれくらいストレスになるのかは、馬に聞いてみないと分かりませんが、聞いたところで馬の耳に念仏…ですね。

これだけのサンプルで差が付いているのですから、影響があるのは間違いないでしょう。

ちなみに、なぜ奇数番が先入れになったかの明確な理由はないそうです。

どれだけ収支に影響するか

では、回収率8%の違いが、どれほど収支に影響するかを計算してみます。

  • それぞれ単勝を100円ずつ購入
  • 収支を同じ条件にするため、出走回数は偶数番で統一

どちらも回収率は100%以下なので、収支はマイナスです。

しかし、100円ずつしか買わなかったとしても、1か月では偶数と奇数で約16,000円の差が出ることになります。

1年だと約20万円、5年続けると、約100万円ものになりますね。

一見大したことのない8%という数字が、長期的にはこれだけ大きな差となるのです。

逆に言うと、回収率がプラスであれば、買えば買うほど利益が増えていくということです。

単純に偶数番だけ買っても儲かりませんが、儲けるための重要なファクターになることは間違いありません。

もちろん、目の前のレースで奇数番が上位を占めることもあるでしょう。

数レース続けて勝つこともあるでしょう。

しかし、長期的に考えれば偶数番の方が有利になるので、目の前の結果だけに捉われるのは危険です。

強い馬には関係無い?

ストレスを抱えて力を発揮できないとしたら、もともと強い馬なら、多少のストレスがあっても好走するんじゃないかと疑問に思います。

人気は強さを正確に表すものではありませんが、かなりの精度でメンバー間の力関係を表してくれるものです。

そこで、人気馬人気薄で、どれだけ偶数奇数が影響するかも調べてみました。

まずは、全体の数値を見てみます。

6番人気以下には全く勝負にならない超人気薄も含まれるため、回収率は平均より大幅に低くなります。

そして、それぞれを偶数番・奇数番で分けた結果がこちら。

人気馬では、全体の単勝回収率が79%に対して、偶数番で+2%・奇数番で-3%です。

人気薄では、全体の単勝回収率が70%に対して、偶数番で+4%・奇数番で‐4%です。

やはり、人気薄のほうが偶数奇数の影響が大きく出ていることが分かります。

とくに、人気薄は偶数奇数で好走率はあまり変わらないのに、回収率には大きな差がでます。

これは偶数番の方が、より人気のない馬が好走していることを意味します。

ただし、3200mを超えるレースでは、奇数番が偶数番を大幅に上回る回収率となっています。

これは単純にサンプルが少ないことが原因でしょう。

まとめ

競馬は偶数番が有利なことは間違いありません。

しかし、人気馬には影響は小さく、人気薄で狙ってこそ…とも言えるかも知れません。

少ない試行では結果は分かりにくいかも知れませんが、長く競馬を続けるなら、今後は偶数番を意識して馬を選んでみてはいかがでしょうか。

競馬は短期的ではなく、長期的に考えましょう。

ギャンブルは短期的ではなく、長期的思考で考える
世の中にはあるギャンブルで、勝てる人と負ける人の違いはどこにあるのでしょうか? 知識や技術はもちろんですが、それ以前に、勝つ人と負ける...

ギャンブルで勝つには、期待値を理解する必要があります。

競馬で勝つためには、期待値の仕組みを知ることが重要
競馬をはじめ、ギャンブルで勝つためには期待値の概念を理解する必要があります。 多くの人はギャンブルで負けていますが、そのほとんどは期待...

ハンデ戦は荒れやすいのか?!

ハンデ戦は荒れやすいのか?
競馬にはハンデ戦というレースがあります。 ハンデ戦とは、実力差があると思われる馬の斤量に差を付けることで、各馬の発揮出来る能力を均衡さ...
スポンサーリンク

フォローする