軍資金が少ないときの馬券の買い方を考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競馬は資金力のある者が圧倒的に有利なゲームです。

しかし私を含め、一般的な競馬ファンは1レースに使える金額はそう多くないでしょう。

それでも限られた資金で楽しむにはどうすればいいのか。

今回は軍資金が少ないときに、どのように馬券を買うのが効率的なのかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

資金が少ないと不利な理由

私が1レースに使用する金額はそれほど多くありません。というより、競馬で確実に勝てる確信を持てないため、そこまでリスクを取れません。

一応、1レースに1万円くらいブッこめる資金力があれば、競馬で勝てる自信はあります。

自信はありますが、それも確実ではないために万が一を考えると恐ろしくてそこまで賭けることはできません。

では、なぜ競馬は資金が少ないと不利になるのでしょうか。

それは、資金が少ないと思うように分散することができないからです。

例えば、私は基本的に1レース2,000~3,000円程度の購入で、複勝もしくはワイドをメインに買います。本命馬が連対したときのリターンが大きいので、単勝や馬連も少し買います。

そうすると、本線・抑えなどの資金配分をするのが非常に難しくなるのです、

例えば、本命から相手を5頭選んだ場合のオッズが、以下のような場合。

買い目馬連ワイド
◎-〇80倍20倍
◎-▲30倍8倍
◎-△50倍15倍
◎-☆200倍60倍
◎-★160倍35倍

このレースで2,000円使うとき、資金配分は以下のようなイメージになります。

()は的中時の払戻金です。

買い目馬連ワイド
◎-〇200円
(16000円)
400円
(8000円)
◎-▲200円
(6000円)
500円
(4000円)
◎-△100円
(5000円)
200円
(3000円)
◎-☆100円
(20000円)
100円
(6000円)
◎-★100円
(16000円)
100円
(3500円)

このように、資金が少ない場合に分散させると、◎-▲の買い目より☆★が相手に来た方が利益が大きくなることになります。

ならば◎-〇▲△に絞るべきかも知れませんが、☆★は「もしかしたら来るかも…そのときこの配当を逃すのはショックやし…」ということで抑えておきたい目です。

印下位へのワイドは切って印上位へ回すことも考えられますが、軍資金が少ないときのワイド60倍は逃したくない高配当ですよね。

一度の高配当が収支を大きく左右するので、軍資金が少ないときにいつも悩んでしまう問題が資金配分なのです。

これが資金のある人なら、以下のように印を回収金額に反映させることができます。

買い目馬連ワイド
◎-〇1,000円
(80,000円)
1,200円
(24,000円)
◎-▲900円
(27,000円)
1,000円
(8,000円)
◎-△500円
(25,000円)
500円
(7,500円)
◎-☆100円
(20,000円)
100円
(6,000円)
◎-★100円
(16,000円)
200円
(7,000円)

合計5,600円が必要ですが、的中すれば最低でも軍資金は回収できるような配分です。

本線的中の方が払戻しも多く、抑えはあくまでも抑えという位置づけにできますね。

資金が豊富にあれば抑えは抑えで済みますが、資金が少ないと抑えが希望になってしまうんですね。とはいえ、資金が少ないなら少ないなりにやるしかありません。

私は2,000円前後を購入しますが、1,000円しか使えない人もいるでしょう。

では、1,000円ほどで競馬を楽しむには、どうすればいいか考えてみましょう。

単複を購入する

少額では多くの点数を購入できないので、少ない点数で買う必要があります。

そうすると、初めに考えられるのは単複馬券です。

しかし、単複馬券は他の券種に比べて的中率は高くなりますが、回収率が上げにくいデメリットもあります。

的中率と回収率の関係性
競馬で馬券を購入する以上、当然ですが当てたいと思いますよね。 そもそも、競馬で勝つためには馬券が当たらなければ不可能です。 しか...

回収率が100%を多少超えても、資金が少ないと利益もほとんど期待できません。

単勝で1万円を購入するAさんと、1,000円しか購入できないBさんでは、同じ回収率でも利益は10倍の差になります。もちろん、負けるときはAさんが10倍負けますが…

仮に、1日3レースを1年間(合計288レース)買い続けて回収率が120%になった場合、Aさんは約57万円の利益になりますが、Bさんは約5.7万円。

月平均では4,800円程度しか儲かっていないことになります。

まぁ競馬で年間通してプラスの時点で良しとするべきだと思いますが、必死に研究してリスクを背負った結果が月4,800円では、少し寂しくないですか?

そもそも、標準の回収率が約80%なので、120%を実現することはなかなかハードルが高いものです。現実的には単勝なら110%前後・複勝では105%前後でも優秀だと思います。

ただ、標準的な回収率になった場合でも、損失は利益と真逆の-20%なので、月平均4,800円のマイナスで済むということです。

つまり、軍資金が少ない人にとっての単複馬券は、ローリスク・ローリターンな戦術だと考えられます。予想が酷いと、それ以上負けますけどね。(無慈悲)

単複馬券師の境和樹氏

血統予想家の境和樹さんは単複しか買わないことで有名で、私も馬券に関する考え方などを参考にさせてもらっています。

境さんは自分の予想理論をしっかりと持っていて、基本的にブレない予想を続けられるので、きっちりと結果を出されています。

そんな境さんでも短期的に見ればハズレが続くことも多々あり、回収率で言えば極端に高い数値を出している訳ではないと思います。(実際の回収率は分かりませんが)

何より境さんの場合、1レースで単勝2,000円・複勝4,000円を購入されるので、一般的な金銭感覚ではとても真似できない金額です。

仮に、1レース6,000円で1日3レース購入し、標準的な回収率80%に収まった場合、年間で約34万円のマイナスになります。28,000円…まぁ趣味の範囲内と言えば範囲内でしょうか。

逆に、120%の回収率を叩きだしても、月28,000円程度の利益ということですね。このような計算をするたび、競馬で儲けるのは難しいなぁと実感します。

単複は的中率が高い分、予想がしっかりしていれば安定して勝てる可能性もありますので、軍資金さえあれば効果的な戦術です。

境さんの書籍では、単複で狙うべき馬の絞り方なども学べます。

簡単なことではないですが、軸馬を選ぶのは予想の基本とも言えるので、色々な予想法を取り入れてみるのもいいと思います。

馬連はブレが大きい

少額の単複馬券がローリスク・ローリターンで魅力を感じないなら、馬連を考えてみます。

馬連は、単複よりも高い回収率に期待できます。

それこそ穴馬同士の決着を的中させれば、単複とは比較にならないほどです。しかし、同時に的中率も下がるため、予想力がなければ全くリターンがないリスクも発生します。

勝てる(期待値がある)予想ができていたとしても、的中率が低い馬連ではその結果が収束するまでに時間がかかりやすく、馬連はハイリスク・ハイリターンな戦術と言えますね。

しかし、高い回収率に期待できる他にも、相手選び次第で本命馬の単複回収率が100%を超えていなくても、収支をプラスにできるチャンスもあります。

少ない資金では、まず大きく勝つことで選択肢が広がるので、そういった意味では馬連で高配当を狙いにいくのは理に適っているかも知れません。

馬連の狙い方

1,000円で馬連を狙う場合、どのように買うのが効果的なのかを考えます。

基本的には高配当を狙うことがポイントになるので、重要なのはレース選びです。

上位人気のうち、怪しいと思える馬が複数いるに越したことはありません。

最低でも、3番人気以内のうち1頭は危険だと思う馬がいるレースを選びましょう。

無駄な馬券を買う余裕はないので、ボックスよりも軸馬を決める方がいいと思います。

軸が中穴人気なら、嫌った人気馬を外した相手4~5頭流しで金額を調整。軸が大穴なら無理に絞らず、相手10頭と手広く流して高配当を待つのもいいかも知れません。

もちろん、オッズは重要なので、嫌った人気馬でも抑えておくアドリブ(?)を発動させる柔軟さも持っておくことが必要です。

逆に、出現率が低すぎる高配当ゾーンは省くのもアリです。

馬連で400・500倍超の馬券は、そうそう出ません。来たら悶絶しますが…(だから50円単位で買いたいと心から思う)

相手馬は必死に探そうとせず、敢えてオッズだけで購入するという手もあります。

例えば、50倍~100倍あたりを狙う…などです。

力の均衡した馬同士が走れば、ちょっとしたことで着順は入れ替わるので、相手探しに時間を掛ける手間を省くのも有効でしょう。…私は予想するのが楽しみなのでやりませんが。

それよりも怪しい人気馬と、そこで好走できそうな穴馬を探し出すことに力を注ぐのが合理的ですね。

1,000円を馬連のみで購入するなら、人気馬相手でもオッズが20倍程度付くなら、抑えておいても資金の回転という面では悪くないでしょう。

しかし、10倍程度なら例えそのとき外れても気にせず、高配当を狙いに行く方が効率が良いです。そもそも、人気馬が怪しいと踏んでいる訳ですからね。

わざわざ少ないリターンを求める必要はありません。

安定しやすいワイド

単複はローリスク・ローリターン。馬連はハイリスク・ハイリターン。

その中間的な位置にあるのがワイドです。

馬連より的中率が高く、単複より回収率に期待できるので、資金が少ない人にはうってつけではないでしょうか。

ほどほどに的中を目指し、かつ単複以上の回収率を実現するには、ワイドは効果的です。

ただし、基本的にワイドは穴馬券としては非効率と考えてください。

ワイドは馬連より3倍の的中馬券がありますが、配当は馬連の1/4~1/5程度になりやすいです。とくに、人気薄ほどワイドの方が買われやすい性質があるので、その傾向は顕著です。

逆に、人気馬同士のワイドなら馬連の1/2近いオッズになることも多々あります。

人気薄の馬連を買うのはちょっと…と考える人が多いのは想像に容易いですよね。

実際には、穴馬でも2着に来ることは十分有り得ます。

高配当を狙うという点では、世間が買いづらいと考える馬連を狙うことに妙味があるとも言えるのではないでしょうか。

では、ワイドで購入するときに、どのように買えばいいかを考えましょう。

安定感のある均等配分

ワイドでも、人気馬が怪しいと思うレースを選ぶことは重要です。

ただし、競馬では3番人気以内のうち1頭以上が馬券に絡む確率は、約90%ほどあります。3番人気以内の馬を全て外したワイドを購入した時点で、90%外れるということです。笑

それでは勝ち目がありませんので、少なくとも1頭は確実に消せる(と思う)馬を見付けてください。

予想に自信のある人なら、オッズに関係なく自分の見立てた実力に合わせて資金を配分すればいいでしょう。

しかし、安定感を求めるなら、オッズの低い目は厚めに買い、高配当は少額にする方がいいと思います。

  • 15倍…300円
  • 20倍…300円
  • 25倍…200円
  • 30倍…100円
  • 35倍…100円

このような感じですね。

どの買い目が的中しても均等に払い出されるようにすれば、安定して利益が出せます。直前まで確定オッズが分からないので、事前に買う場合は振り分けが難しい問題もありますが。

まぁ、よほどローカルの売上が少ないレースでなければ、数時間前にはそう大きく変わらないオッズに落ち着いてはいるとは思いますけどね。

信頼できる人気馬を厚く買う

ワイドでは、人気馬相手なら10倍以下のオッズになることも多いでしょう。

その場合、信頼できる人気馬なら厚く買う手もあります。

  • 8倍(相手筆頭)…700円
  • 15倍…100円
  • 20倍…100円
  • 25倍…100円

さらに配当が低い場合は…

  • 6倍(相手筆頭)…800円
  • 20倍…100円
  • 25倍…100円

自分の本命馬の好走率が平均して20%程度だとすると、的中したときに500%以上の回収率を目指す必要があります。相手のある馬券なら、本命馬と相手馬の同時好走も必要ですね。

そう考えると、ここで挙げた配当の例では、相手筆頭が来ても約500%程度にしかなりませんから、なかなか厳しい勝負と言わざるを得ません。

選んだ人気馬がきっちり走るかどうかも分かりませんし、基本的にはワイドでも10倍以上の配当を狙えるレースを選びたいところです。

コツコツ的中しつつ資金を維持し、ワイドの2点的中時に利益を底上げできるようにしなければ、思うように勝てないかも知れませんね。

考えれば考えるほど、資金の少なさは勝ちづらさを実感させてくれます。(無慈悲)

人気薄から上位人気へ流す

3番人気以内の馬が馬券になる確率は、約90%です。

これを逆手にとって、人気薄から上位人気3頭へワイドで流せば、軸馬さえこれば超高確率で馬券は的中することになります。

3番人気のうち2頭が馬券になる確率も50%ほどあるので、ワイド2点的中も高確率で起こりえるでしょう。実際に検証したことがないので、これで勝てるかどうかの保証はありません。笑

ちなみに、2017年~2018年3月末までの私の本命馬は、複勝回収率が110%でした。本命馬から1~3番人気にワイドを流した結果、回収率は112%と微増…

2018年~現在(5月15日時点)に限れば、本命馬の複勝回収率が120%ですが、1~3番人気へのワイドを購入すると96%とマイナスになってしまいます。

今年は人気馬が消えるレースをよく選べている結果ということでしょう。

やはり、人気馬が怪しいと考えるレースで機械的に3番人気以内の馬へ流すのは、あまり効率的ではないかも知れませんね。

三連複・三連単は諸刃の剣

資金が少ない人にとっての三連系馬券は、非常に危険です。

特に、1,000円程度の資金では、三連系は全く当たらない可能性も高いです。

しかし、リスクが高いということは、逆に大きく儲けるチャンスでもあります。

資金が少ない人が大きく儲けるには、三連系が手っ取り早いのは間違いないありません。

ただし、1年で1回も当たらない可能性もあることは理解しておかなければなりません。

外れても外れても、諦めずに買い続けるメンタルが必要です。

三連複なら2頭軸流し、もしくはフォーメーションなどで、軸を絞り、相手は手広く買いましょう。

三連単も同様に、軸馬を絞り、相手はなるべく手広く買えるようにして、軸馬が来たときにはきっちり仕留めるようにしたいですね。

とはいえ、やはり三連系はギャンブル要素が強いので、資金が少ない人には個人的にはおススメできません。

まとめ

資金が少ない人は、大きく勝つことを目的とせず、長く競馬を楽しめるように資金を回転させていけるよう、単複や馬連・ワイドで楽しむのが一番でしょう。

一攫千金を夢見るのなら、三連系で絞りに絞って一発狙いましょう。

ただし、運よく大きな馬券を的中させても、その後調子に乗って賭け金を増やすと、あっという間に資金は無くなります。

どのような馬券を買うにも、勝ち続けるには相応の予想力が必要です。

予想力を高めるためにも、単複をメインで買うようにするのは、非常に効果的だと思います。

なお、馬券の買い方に絶対的な正解はありません。今回の記事は個人的な考えですので、馬券を購入する際はご自身の判断でよろしくお願いします。

危険な人気馬を判断する方法を紹介します。

危険な人気馬の判断材料
競馬で儲けるためには、人気薄を見付けると同じくらい、危険な人気馬を見極めることが重要です。 人気馬のプラス要素なんか新聞を見るだけで素...

穴馬を探す方法を紹介します。

穴馬を見付ける判断材料
残酷ですが、競馬では本命党は勝てません。 勝てないとは言い切れませんが、少なくとも大きく勝つことは難しいでしょう。 競馬...

1番人気が消えるレースを探せ!!

1番人気が消えるレースを買えば儲かるのか?!
競馬では、1番人気が消えるレースだけを買えば儲かることをご存知ですか? よく人気馬ばかり買っていては勝てないと言われますが、逆に人気馬...
スポンサーリンク

フォローする