馬券で勝てる現実的な金額は?

馬券術講座

馬券の勝ち分に対する課税で裁判沙汰になった卍氏をご存知でしょうか?

卍氏は馬券で1億を稼いだ男として有名ですが、みなさんも馬券で勝ちたいと思って勝負していますよね。しかし、漠然と勝ちたいと考えているだけで、競馬でどれくらい勝てるのはイメージしづらいのではないでしょうか。

卍氏のように1億稼ごうと思えば、超特大万馬券を何度も当てなければならないと思うかもしれませんが、卍氏はそのような大万馬券を何度も当てたわけではありません。

競馬で勝てる金額をイメージするには、まず回収率について知る必要があります。

スポンサーリンク

回収率とは

回収率とは、賭けた金額に対して払い出された金額の割合です。

馬券を1,000円購入し、2,000円の払出があれば回収率は200%となり、利益は1,000円。1万円購入して2万円の払出でも、利益は1万円ですが回収率は同じ200%です。

当然と言えば当然ですが、このように、同じ回収率でも賭けた金額によって利益は大きく違いがあります。

馬券裁判男の回収率

では、馬券で1億稼いだ卍氏の回収率は、どれくらいだったのでしょうか?

自身でも発言されていましたが、実は卍氏の回収率は数年間のトータルで約106%ほどだったそうです。

競馬には控除率があるため、一般的な予想では回収率は80%前後に落ち着きますが、それより25%以上も高いのはさすがと言えますね。

しかし、106%と聞いて意外と低い回収率だと思った人も少なくないはず。それくらいの回収率なら、達成している人はたくさんいることでしょう。

にもかかわらず、卍氏のように1億も稼いだという話は聞きません。

もうお気付きかもしれませんが、卍氏が1億もの利益を上げられたのは、購入する馬券の金額が莫大なものだったからです。

では、私たちのような庶民が、同じ106%の回収率で稼げる金額は果たしてどれくらいなのでしょうか?

回収率106%の現実

私は現在、1レースに約3,000円ほど使用し、1日約4Rほど参加することが多いです。

そんな私が回収率106%を達成したとき、一体いくら稼げるのか。分かりやすくするために、単勝3,000円・1日4Rを購入するという条件にします。

この場合、3,000円の投資に対して回収率106%では、1レースにつき180円の利益が出ることになります。それを1日4レース・土日で8レース・ひと月では32レース・1年間だと384レース購入。

つまり、ひと月だと5,760円、1年間では69,120円ほど稼げることになります。1日12,000円も投資して、1年の利益は約70,000円…(少ねぇ)

投資額の年間合計は、何と約115万円にもなります。実際、回収率が106%を達成できるか分からないことを考えると、なかなかリスクとリターンが見合っている…とは言い難いですね。

これだけでも、競馬で稼ぐことは相当難しいことが分かると思います。ちなみに、この投資額で年間1億稼ごうと思えば、回収率は8680%が必要になる計算です。

圧倒的!不可能ッ!!

なお、回収率が110%なら年間11.5万円、月に約1万円の利益。回収率が140%なら年間46万円、月に約4万円の利益となります。

う~ん、140%くらいの回収率が欲しい。

競馬は資金力を持つ者が圧倒的有利

同じ回収率106%でも、持つ者と持たざる者(?)では、圧倒的な利益の差が出ることが分かりました。しかし、卍氏はなぜそれほど巨額の資金を持っていたのか…と不思議に思いませんか?

卍氏は最初から億万長者だったわけではなく、実は最初の軍資金は100万円だったそうです。

その100万円から、軍資金の残高に合わせて購入額を調整し、資金が増えれば購入額を増やすという手法を取っていました。

つまり、競馬で得た利益を再び馬券購入に充て、複利効果によって巨額の利益を上げたということです。

複利効果の威力

かの有名なアインシュタインは言いました。「人類最大の発見は複利だ」と。

投資の世界には単利と複利があり、それぞれの意味は以下の通りです。

  • 単利…元本にのみ付く利息
  • 複利…元本+利息にも付く利息

複利効果がスゴイのは、長く続けるほどに利益は加速度的に増加することにあります。毎回の利息(利益)を元本に上乗せしていけば、時間が経つほどに元本そのものが大きくなりますよね。

その効果を活かし、卍氏は100万円から資金を大きく増やしたのです。

毎回の利益を元本に加えず、元の軍資金のみで勝負をする単利の場合、同じ回収率であれば同じ金額しか利益は出ません。

その結果、106%の回収率の単利と複利ではこれだけ差が出ます。

ご覧のように、始めのうちはあまり差がありませんが、元本が膨らみ始めると一気に複利の効果が発揮されます。20年目にもなると、利益は倍ほどまで広がっていますね。

卍はこの複利の効果を利用することにより、人より多少優れているくらいの回収率で100万円の軍資金から一躍有名人になったのです。

まさに現代の錬金術師!

再現することは可能か?

私たちでも複利の効果を味方にすれば、理論上は大きな利益を得ることは不可能ではないということですが、現実的にはほぼ不可能だと言えます。

なぜなら、卍氏は独自に様々なファクターから期待値の高い買い目を算出し、軍資金の残高に応じた資金配分を自動で行うソフトを開発しているからです。

競馬を趣味としてではなく、完全に投資として行っていると言えますね。

一般人が競馬でそこまで資金を増やせるほどのロジックを組み立てること自体が非現実的であり、試しにやってみたところで上手くいく保証はありませんから、リスクが高すぎるのです。

競馬はお金持ちが有利

悲しいですが、これが現実です。

たとえ庶民が少ない資金からコツコツ利益を上げ、徐々に軍資金が増えていったとしても、同じ予想で今後も利益を上げ続けられる保証はありません。

軍資金が増え、投資額が増えたところで不的中が連続すると、あっという間に利益が吹っ飛んでしまうことでしょう。

こんなことなら、いつも通りチマチマ賭けといた方が遊べたなぁ…なんて後悔する羽目になるかも知れません。

これがお金を持っている人であれば、もともと多くの資金を投じることができるので、単純に多くの利益を上げることができます。

また、資金があれば細かい資金配分をして、有利な馬券を購入することも可能になりますが、資金が少ないと分散させることもできないのです。

複勝をメインに買っている人であれば、1レースに5,000円使えるならワイドで代用することで、より多くの利益を出すことも可能です。

しかし、1,000円しか使えないなら、効率的に代用することができないのです。

複勝をワイドにして回収率を底上げする
複勝だけで結果を残せている人は、ワイドにすることでより高い回収率を実現させることが可能になります。なぜなら、的中率と回収率は相反する関係にあるからです。この記事では、その意味を解説していきます。

まとめ

まとめると、庶民が競馬で大きく儲けることは、非常に難しいということです。

回収率を上げるには、ある程度の的中率を犠牲にする必要があり、それは運が悪いと大きな損失に繋がるリスクにもなります。

夢を見るなら三連単やWIN5で一発狙うこともできますが、ほとんどの人は負けてしまうでしょう。あまり無謀なことはせず、適度に楽しむのが一番健全な競馬ライフではないでしょうか。

コメント