【2018】安田記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる安田記念の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

安田記念の傾向

内を通る馬が圧倒的に有利なダービーの翌週に行われますが、安田記念は馬場・ペースによって内も外も前も後ろも来るイメージです。

今年は逃げ馬らしい逃げ馬はいませんが、マイルG1となるとペースは厳しくなりやすく、差しが決まる場面も十分に想定できます。

血統面ではロベルト系の活躍が目立ちますが、ほとんどが人気馬だったので適性が高いかどうかは微妙なところ。

人気薄ではディープや欧州型ノーザンダンサー系、プリンスリーギフト系が活躍。

ディープでも人気している馬は苦戦しています。人気のディープは瞬発力の高い馬が多く、そのようなタイプは向いていないのでしょう。

基本的に父サンデー系が苦戦傾向にあり、母父サンデーサイレンスの馬は非常に好相性です。

前哨戦の京王杯SCで連対していた馬の取捨は、前走で上がり2位以内だったかどうかです。上がり2位以内だった馬は、14頭中7頭が馬券になっています。

馬券にならなかった7頭のうち、6頭は2走前が1200mだった馬。馬券になった7頭のうち、5頭は2走前がマイル以上でした。

マイラーズCを連対していた馬は、13頭全て馬券外となっています。当日3番人気以内が7頭もいることを考えると、異常なほど相性が悪いと言えます。

3~9着程度に負けていた馬の方が好成績で、とくに人気で取りこぼしたいわゆる叩き台だった馬を狙いたいですね。

10着以下に負けているような馬だと、基本的には力不足である可能性が高いです。同コースに実績のある馬や、左回りを得意としている馬でなければ厳しいでしょう。

大阪杯がG1になってから出走例はまだありませんが、G2時代なら相性は悪くありません。G1となると疲労度が変わってくるのでそのまま考えたくはないですけどね。

単純に格上である可能性は高いので、能力でこなしてしまうことは十分考えられます。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・スワーヴリチャード

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 大阪杯 1番人気1着

充実のハーツクライ産駒ですが、初マイルがG1で1番人気はセオリーとして嫌うべきでしょう。

前走のように捲ることは難しいでしょうから、後手を踏めば厳しい勝負になる可能性は高いです。

・ペルシアンナイト

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 大阪杯 6番人気2着

皐月賞・大阪杯は上手く内を抜け、マイルCSは馬場の助けもあったと思います。

外を回して突き抜けられるほどの力があるかは微妙で、ハービンジャー産駒で前走より流れが厳しくなるのもプラスにはならないでしょう。

・サングレーザー

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 マイラーズC 4番人気1着

不振のマイラーズC連対馬です。

さらに前走はレコード決着で、こちらもセオリー通りに考えれば消しですね。

ただ、ディープ産駒でここまで勢いがあると、むやみに消すのもどうなのかと考えてしまします。

・リスグラシュー

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 ヴィクトリアM 1番人気2着

牡馬相手に好勝負ができるのは証明済みですが、ハーツ産駒なので重賞続き・前走から間隔が詰まるローテはマイナスでしょう。

・リアルスティール

血統 ディープ系×ストームバード系

前走 DTF 3着

一昨年の安田記念は惨敗していますが、ここは悪くない条件だと思います。

勝ち切れるイメージはありませんが、馬券圏内は十分あり得ると思うので、この人気なら美味しいと思います。

・アエロリット

血統 ヴァイスリージェント系×Dサンデー系

前走 ヴィクトリアM 3番人気4着

鞍上は戸崎騎手のままなんですね。

ロゴタイプのように先行して強気に押し切りにかかれば面白いと思いますが、果たしてそのようなレース運びをするのでしょうか…

・サトノアレス

血統 ディープ系×ダンチヒ系

前走 京王杯SC 2番人気3着

京王杯組なら最も警戒したい馬です。

今回は中~外枠でスムーズに競馬ができれば、突き抜けても不思議はないと思います。

・レッドファルクス

血統 ミスプロ系×サンデーサイレンス

前走 高松宮記念 1番人気8着

これまで堅実な成績を残してきましたが、さすがに好走するには恵まれないと厳しくなってきました。

高松宮記念からの直行ローテもプラスとは思えず、今回は今年は厳しい勝負になりそう。リピーターとして注目されそうですが、それに関しては明日記事を更新しますのでお楽しみに。

・タワーオブロンドン

血統 ミスプロ系×ネヴァーベンド系

前走 NHKマイルC 1番人気12着

前走は包まれて度外視できる1戦です。

ガス抜きができたとプラスに捉えれば、3歳でも侮れません。人気がなければ抑えておく方がいいでしょうね。

・キャンベルジュニア

血統 ノーザンダンサー系×ダンチヒ系

前走 京王杯SC 7番人気2着

基本的に速い上がりを使えるタイプではなく、この舞台では厳しいと思います。

好走するにはロゴタイプのように肉を切らせて骨を断つ戦法を取ればチャンスはあるかも…

総評

モズアスコットは除外濃厚ということで掲載していません。

大阪杯の1.2着馬はともに不安要素はあるので、ダービーに続いて波乱もあると見ています。

今年の重賞評価の成績をまとめました。

重賞評価の成績
ブログで公開している重賞評価の成績です。 評価の定義は以下の通り。 A:本命候補 ・推定4番人気以下の馬から選出 ・...

ハービンジャー産駒の短縮は狙えるのか?

ハービンジャーは延長が得意?短縮は走らないのか?
今回はハービンジャー産駒の特徴について紹介します。 ハービンジャーはイギリスの競走馬で、伝統のG1キングジョージ6世&クイーン...
スポンサーリンク

フォローする